忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11


あっ、

と言う間に前回の更新から2週間ほど経過してしまい、

もう2度と更新されないのではないと思われた方も多いのではないかと思うが、

一番不安に感じたのは実は管理人自身だったりする。

そんなワケで、本日は、毎年恒例サンディエゴ・コミコン・レビュー。

まぁ、毎年ネットから拾ってきた画像で、

各メーカーさんの新作についていい加減な解説をするという趣向である。

話半分ならぬ、話1/100位で聞いて丁度いいかと。

一発目は米NECA社。

いきなり出ました、映画プレデター第1作目のダッチ・シェイファー少佐。
事前情報もなしにサプライズもいいとこ。
このプログでも過去再三にわたり、“でないかなぁ~”とか言ってたら、ホントにリリースされることに。
今回展示されていたのは、ノーマル版と、ラストの泥まみれ版。
しかも今回はフルポーザブル版(!)のようである。
アーノルド・シュワルツェネッガーのフィギュアの造型に関しては、既に同社のターミネーター・シリーズで実証済みなので安心してリリースを待ちたい。

…ところでスケールは設定に忠実なんでしょうね?



次いで、最近アメトイショップさんでも予約が始まったターミネーターのカイル・リース。
販促画像では、顔のあまりの似て無さと、コートの異様なテカリが気になったが、展示されていたフィギュアはいい感じに落ち着いている…顔は相変わらずあまり似てないが。



次いで、なぜかエイリアン2のウィリアム・ハドソン上等兵。
映画では「あと2週間で除隊だったハズなのに…」と自ら死亡フラグを立てるような発言をして、ものの見事にエイリアンに攫われてしまった不幸な男。
ただ今、肖像件の交渉中らしいが、ハドソンもフィギュア化されるとなると、残りの植民地海兵隊もフィギュア化されると考えていいのだろうか。



そして以前このブログでも紹介したロボコップ。
大腿部に銃を収納できるギミック付き。
ビミョーなバリエを増やすより、早くケイン(ロボコップ2)やED209を出して欲しいものである。

拍手[0回]

PR


本年9月頃発売が予定されている、米ネカ社のロボコップ・7インチ・アクションフィギュア。

先日、ダメージ・バージョンと、夜光バージョンという非常にビミョーなフィギュアがリリースされたばかりだが、今回は新たに大腿に銃(オート9)を収納できるギミックのついたタイプのようだ。

以前、拙ブログでも紹介したことがあるが、最初にリリースされたノーマル版は、なぜかヘルメットの下から鼻が見えており、映画のイメージと異なった印象を受けた。

しかし、





画像のとおり、ダメージ版では、その欠点が改善されていたようである。
もし新作が、ダメージ版と同じように頭部を新造型にしているなら、もしかして、また購入してしまうかもしれない。

拍手[0回]



本日は、米ネカ社、エビルデッド・アクション・フィギュア・シリーズ1から、デッディーテ・アッシュ。
DEADITEとは俗語なので辞書に載っていなかったが、思い切り意訳すると「(死霊に)取り憑かれた~」といったところらしい。

…思い切り「死霊のはらわたのような~」って訳もあるようだが、さすがにそれでは訳の意味がないだろう。



素体はネカ社お得意の使いまわし。
よって前回紹介したフェアウェル~版とほぼ同じであるが、頭部と右手は新パーツ。
また、ボディのペイントについても、汚れや染み出た汗の量が弱冠異なる。



前回紹介し忘れたが、可動部位は、首(ボールジョイント)、両肩(ヒンジ)、両肘(ヒンジ)、両手首(ヒンジ)、腰(ボールジョイント)、両股関節(素一次軸)、両大腿(一次軸)、両膝(ヒンジ)、両足首(ボール・ジョイント)。
これは全てのアッシュの素体で共通のようだ。
但し、右手首がない場合は当然その部分の可動はオミットされている。



プロポーション、造型は至って良好。カラーリングとペイントもフェアウェル~版に比べてまずまずといったところか。



可動は多いものの、フィギュアのコンセプト自体がプロポーション重視のため、やや使い勝手が悪いのは前回のフィギュアと同じ。



顔がゾンビみたいなので、



なんとなくそれらしいポーズをとらせてみる。



下半身の一部はヤマグチ式可動を採用しているので、慣れれば意外にポージングは極めやすいかも。



しかし、個体差もあるのだろうが、可動部が緩いのが欠点か。



アクセサリーとして、左から死者の書(ネクロノミコン)、死霊と化したアッシュのガールフレンドのリンダの首、死霊を復活させる呪文を録音したテープレコーダーが付属。

…いずれも映画の中では重要なアイテムなので、説明がやたら長くなってしまうのは仕方あるまい。



原作ファンにとっては、嬉しい品々。



フェアウェル~版から斧を拝借。



この凶悪な顔にはやはり斧がピッタリ。



両手持ちも可能。



だんだん猟奇的な絵面に…管理人にこうした趣味ではないので…念のため。



フェアウェル~版と素体が同じため、実は腕の互換性もバッチリ。
無害な右手をフェアウェル~版に移植してみたり。
五体満足なアッシュのできあがり。



アッシュ役のブルース・キャンペルは表情が豊かなので、やっぱり大袈裟なポーズがよく似合うようだ。
もしリメイクされるならアッシュ役はジム・キャリーかな。



キャンベル自身、サム・ライミ監督のお気に入りの役者だったらしく、晩年も同監督の映画にちょくちょくとカメオ出演している。
『スパイダーマン3』のフランス人ウェイター役には笑わせてもらった。



こうして見ると、フェアウェル~版も案外悪くないフィギュアのような気がしてくるから不思議である。
やはり、2体で一組と考えて、相互にパーツやアイテムを流用し合って楽しむべきフィギュアなのだろうか。
いずれにせよ、チェーンソーを装備した、大本命ヒーロー・アッシュの発売が今から待ち遠しくて仕方がない。

拍手[1回]



サイフの中身が底をついた頃、恐怖の「予約商品入荷のお知らせ」が…。

やう゛ぁい。(汗

次の給料日まで、約2週間…。

水と空気で暮らすことになる悪寒。

私は植物になりたひ。

そんなワケで、本日は、米ネカ社、エビルデッド2・アクション・フィギュア・シリーズ1から、フェアウェル・トゥ・アームズ。

フェミングウェイの名作、「武器よさらば」をもじって、「腕よさらば」ときたところがニクいネーミングセンス。
英語では両方とも“Arm”だからネ。
…でも、腕(Arm)っていうよりどっちかっつーと手首(Hand)じゃね?っという突っ込みは野暮だろう。



サム・ライミ監督、ブルース・キャンベル主演映画エビルデッド2(邦題:死霊のはらわた2)で、死霊に取り憑かれた右手を切り落とす主人公アッシュ。
自分の右手と格闘するパントマイムは、キャンベルの悪ノリ演技の真骨頂にして、この作品の名シーンのひとつ。ホラーというよりか既にコメディの域に達している。



何でも、映画公開から今年で25周年記念らしいが、まさか、このアッシュがフィギュア化されるとは誰も思わなかっただろう。
管理人も、予想の斜め上を行くネカの暴走に狂喜乱舞。



とりあえずシリーズは第2弾まで控えているようなので、今後ターミネーターやプレデターのようにシリーズを超えた展開を望むところ。
せめてエビル・アッシュは出してくれ。



さて、肝心なフィギュアのデキなのだが…

ちょっとネカさん、手抜きしてませんか?

プロポーションや造型は良好なのだが、ペイントが今ひとつ。
特に肝心の顔のペイントが更に今ひとつなのが非常に残念。
また、可動部もネカの製品にしては、多い方なのだが、下半身はちょっと使い勝手が悪い感じ。



アクセサリーとして、死霊に取り憑かれた右手(コンパチ)と、



斧が付属。
斧についた血の色が緑なのは規制のためか。
刃物についた血糊ってのは結構シビアな規制対象なのだろう。
全盛期のマクファ社みたいに、規制シールで隠せばいいのに(笑

…なんて書いてて改めてDVD観直したら映画でも緑色の血だった(汗



更に、切り落とされても動き回る右手と、



お馴染みのショットガンが付属。
やっぱりKマートで購入したのかな?



パッケ画像のようにポージングを決めたいのだが、腕の関節が90度以上曲がらないのでコレが限界。



なお、画像からではわからないが、瞳が黒一色で違和感があったので、瞳にホワイトを入れてみた。
爪楊枝の先に塗料をつけてチョンと突き、余計な部分を別の爪楊枝を使ってガリガリと削れば結構簡単にできるので、試しにやってみてもいいかも知れない…もちろん自己責任で。

拍手[0回]



イスラム教圏には、ヴァレンタインを禁止する国があるという。

まさに、地 上 の 楽 園 。

思わず、「山の彼方に空遠く…」と、カール・ブッセの詩を口ずさんでしまいそうになる。

そんなワケで、思わずヴァレンタインのネタだけで向こう3年分位使ってしまった気もするが、本日は、トイフェア2012から米ネカ社の新作情報を紹介。

まず、ツカミとして冒頭に掲載したのは、ロボコップ(ダメージバージョン。)
先般リリースされた7インチ版ロボコップのリペ及びリデコ。

映画1作目で、黒幕であったリチャード・ジョーンズ副社長を逮捕するためにオムニ社に出向いたところ、ED-209の襲撃を受け、這う這うの体で逃げ出すと、今度は警報で駆け付けた、同僚であるはずの警官隊に囲まれて蜂の巣状態にされたマーフィ。

こんな姿をわざわざフィギュア化するネカ社のスタッフはどんだけなんだと。

でも、まあ、売れ行きによっては今後ED-209やケインもフィギュア化されることになるのかと思えば迷わず“買い”であろうか。



次いで、ビデオゲームのキャラクターをフィギュア化する、『プレイヤー・セレクト・シリーズ』では、VALVE社の“ハーフライフ”からゴードン・フリーマン。
初期装備のバールと、敵の中では一番弱いが数の多さで辟易させられるザコキャラ、ヘッド・クラブもしっかりと付属しているのがポイント高め。
デューク・ニューケムといい、ネカ社はコアなファンのツボを衝くのが御上手。
次はSINのジョン・ブレードとJCをお願いしたい。



そして今年の大本命、7インチ版の原型が初お目見えしたのは、映画エビル・デッド2(邦題:死霊のはらわた2)のヒーロー・アッシュと、



悪霊。
画像を見ても分かるとおり、やはりアッシュは脚部にも可動が設けられる模様。

この他にも、今回は展示されていないが、公式サイトにおいて、ターミネーターの新シリーズで。遂にカイル・リース(マイケル・ビーン)がフィギュア化されることが決まったらしい。
併せてターミネーターのフィギュアも何体かリリースされるようなので、もしかしたら、脚部に可動を設けたターミネーターの素体となるかも知れない。

更に、ジェームス・キャメロン版エイリアン…と言えば当然、エイリアン2の事だろうが、新たにエイリアンとマリーンズ(海兵隊)のフィギュアがリリースされるとの事。
ターミネーターで、マイケル・ビーンの肖像権がクリアされたとなると、当然、彼の演じたヒックス伍長がフィギュア化される可能性が高いとみていいだろう。

今年もネカ社から目が離せそうにない。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(05/01)
無題(返信済)
(05/01)
無題(返信済)
(04/30)
無題(返信済)
(04/30)
無題(返信済)
(04/30)
忍者ブログ [PR]