忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[740]  [739]  [738]  [737]  [736]  [735]  [734]  [733]  [732]  [731]  [730


本日は、米ジャックス・パシフィック社、MIB3 3.75インチ アクションフィギュア・ウィズ・スモール・アクセサリー・シリーズから、エージェントJ。

エージェントJことジェームス・エドワードは、映画第1作で、ニューヨーク市警で勤務中にエイリアンに出くわし、その追跡振りがエージェントKの目にとまったことから、秘密組織MIBのエージェントとしてスカウトされた。
演じるウィル・スミスは、前年に公開されたインデペンデンス・デイでも宇宙人をタコ殴りにしており、そのせいか管理人的に“宇宙人と戦う役の男”といえばウィル・スミスのイメージが強い。



ジャックス・パシフィック社は、リアル・スティールのアクション・フィギュアで有名だが、近年映画のフィギュアに参入してきた新興勢力のようだ。
管理人はあまり知らなかったが、こうした売れ筋映画のライセンスを取得できるくらいなのだから、玩具業界の中では比較的大手の会社なのだろうか。



さて、フィギュアのデキに関してはまずまず。
映画公開に合わせたタイアップ企画にありがちな、やっつけ仕事的な質の悪さはないものの、ハズブロなどの老舗と比較すると、どうしても粗は目立つのは仕方ないところか。



プロポーション、造型は及第点。
服のシワもしっかりと再現されているし、不自然な感じはない。
サングラス着用の場合、却っていい加減になりがちな顔の造型も、このスケールにしてはよく似せているし、手等の細かい部分も手を抜いていない(シャレではない。)



カラーリング及びペイントに関しては、メン・イン・ブラック(黒服の男)だけに、評価が難しいところだが、特に問題はない。

エージェントJの髪型は短髪なので、頭頂部から刈り上げた襟足に向けて、だんだんと地肌が透けてゆくグラデーションはなかなか芸が細かい。



可動に関しては、首部(ボール・ジョイント)、両肩(ボール・ヒンジ)、両肘、両手首、両股関節(ボール・ジョイント)、両膝で、腰部と両足首はオミットされている。
腕と脚に横回転軸がないのがつらいところ。



スーツの上着は軟素材の別パーツでできており、可動の妨げにならないように配慮されている。

脚の裏にはSWBFと同じ規格のホールがあるため、スタンドの流用が可能。
足首に可動がないため、自立時の安定が悪いので、この仕様はありがたい。



アクセサリーとして、名称不明の中型のハイテク武器と、折りたたみ式のギミックが仕込まれたスクーターのような乗り物が付属。

フィギュア本体はかなり地味なので、恐らく子ども対象に付属のアクセサリーの方がメインなのだろうが、映画とは無関係なようなので、いつものように画像はあっさりと割愛。



武器はギリギリ両手持ちが可能なレベル。



股関節の可動はマーベル・ユニバースのようなボール・ジョイントが採用されているため、見かけよりも可動範囲が広い。



上着の軟素材との相乗効果により、意外に動かせる感じ。



エイリアンのフィギュアは購入していないので、SWBFからジャー・ジャーが特別出演。
キャラクター的にはSWよりもむしろMIBの方がマッチしている感じか。



ヲらッ!さっさと歩けっ!

…みたいな。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]