忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[742]  [741]  [740]  [739]  [738]  [737]  [736]  [735]  [734]  [733]  [732


本日は米ハズブロ社のSWBF、ザ・ヴィンテージ・コレクションからルーク・スカイウォーカー(デススター・エスケープ)。

映画EPⅣ“新たなる希望”で、デススター脱出時のルークをフィギュア化したもの。



タトウィーンのルークとナニが違うかというと、ズバリ、腰にストーム・トルーパーから剥ぎ取ったベルトを巻いているところ。



フィギュア自体は、オリジナル・トリロジー・コレクションのヴィンテージ・シリーズでリリースされたルークのリデコ…とはいっても、オリジナルから流用されているのは下半身のみ。



上半身は以前このブログでも紹介した、バトル・パックスのリサージェンス・オブ・ザ・ジェダイ版ルークの流用である。



今回は更に上着の裾の部分を布素材に変更。
前述の様にベルトもストーム・トルーパーの物となっている



アクセサリーとして劇中でも頻繁に使用されたコムリンク(通信装置)と、



シャフトを飛び越えて危機を脱する名場面でお馴染みのグラップリングフック、



帝国軍兵士の標準装備であるブラステックE-11ブラスターが付属。



コムリンクはベルトのホールに差し込む形で装備も可能。
ブラスターも腰のホルスターに収納できるのだが、ストーム・トルーパー系のフィギュアと同じく差しこむだけなので不格好になってしまうのが難点。



豊富な可動と布素材の使用により、ポージングの幅も広い。



リサージェンス・オブ・ザ・ジェダイ版に比べると、顔のペイントが簡略化されているが、逆にボーッとした感じが、ルークを演じたマーク・ハミルによく似ている。



で、同じくヴィンテージ版のストーム・トルーパーに首を挿げ替え。



首のボール・ジョイントのサイズが違うので細工が必要。
画像はただ載せてあるだけ。



身長の高さ以外は特に違和感はない。



同じくプチ・カスタム版ハン・ソロと。
立たせて並べると、身長が同じになってしまうので、なんとなくそれらしいポージングで。
ダイアノーガと絡ませても面白いかも。

ところで、スカイウォーカーの故郷って、日本語表記すると、タトゥーインなのかタトウィーンなのかタトゥイーンなのか、タト(以下略

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
(06/15)
無題(返信済)
(06/15)
忍者ブログ [PR]