忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[746]  [745]  [744]  [743]  [742]  [741]  [740]  [739]  [738]  [737]  [736


本日は前回に引き続き、米ハズブロ社、アヴェンジャーズ・ウォルマート限定コミック・コレクション 4パックからロキを紹介。

映画“マイティ・ソー”に登場し、“ジ・アヴェンジャーズ”にも再登場するマーヴェル・コミック界を代表するスーパー・ヴィランのひとり。



ロキはアスガードの王であるオーディン神が、ストーム・ジャイアントとの戦いでローフェイ王を倒した後、要塞の中で見つけ、以後オーディン神の養子として、ソーと兄弟同然に育てられることとなった。ちなみにソーの方がお兄さんらしい。



成長するに従い、ロキは自分とソーに対するアスガードの市民の扱いの違いに苛立っていった。
アスガード人は戦いにおいて、何よりも強大な力と不屈の心、勇気を重視しており、ロキはこれら全てにおいて明らかに兄ソーより劣ってたのである。
しかし、ロキは魔術に長けており、成人し、「邪神」となった彼は、アスガードを支配する為に、何世紀にもわたって兄ソーを追い出そうと企てることとなる。



ロキの陰謀はやがて地球を巻き込むようになり、しばしばアスガードから地球へやってきてヒーロー達とも戦っている。
初めて地球で直接戦ったのは兄ソーであり、ハルクを操って暴れさせたが、これがヒーロー達を結束させ、アヴェンジャーズ設立のきっかけとなるのだから、ある意味ではアヴェンジャーズの立役者ともいえる。



ロキはフロスト・ジャイアントの一族とはいえ、体格は一般のアスガード人と同じであり、決して大男ではない。



戦士としての能力はさほどでもないが、その代わりに魔法に関する様々な訓練を積んでおり、飛行能力、催眠術、異次元へ瞬間移動の他、エネルギーを射出したり、生物・無生物に限らず特別な能力を付与したり、自分自身の体力を一時的に増加させることができる。



ロキのフィギュアは、マーベル・ユニバースでは単品発売されておらず、このフィギュアも大型のフィギュアと3.75インチをセットにした、ギガンテック・バトル・シリーズでフロスト・ジャイアントと一緒にセットに含まれていたもの。

管理人もこのギガンテック・バトルは購入しているのだが、この手の大型フィギュアにありがちなように、開封しても置き場所がないので、いまだ未開封のままである。



フィギュア自体にはキャラクターを含め、特に強い思い入れがないので解説に困るところ。
素体はマーベル・ユニバースの旧素体で、特筆すべき点はない。



映画版のロキ(左)と。
独特の形状をした角付ヘルメットと、緑を基調としたコシュチュームは共通だが、映画版の方がヴィランとしては風格があるような。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
4 5 6 7
8 9 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(10/19)
無題(返信済)
(10/15)
無題(返信済)
(10/14)
無題(返信済)
(10/14)
無題(返信済)
(10/13)
忍者ブログ [PR]