忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[745]  [744]  [743]  [742]  [741]  [740]  [739]  [738]  [737]  [736]  [735


気が変わったので、

本日は前回に引き続き、米ハズブロ社、アヴェンジャーズ・3.75インチ アクション・フィギュア、ウォルマート限定コミック・コレクション 4パックからホークアイを紹介。



ホークアイは、アヴェンジャーズの一員で、超一流の弓の名手であることを除けば普通の人間である。
子供の頃からサーカス団の一員として育てられ、弓を使った曲芸を得意としていたことから、ヒーローになってからも、その時のコスチュームで活躍している。
詳細は、以前、アルティメッツ版を紹介した時に解説しているのでそちらを参照していただきたい。

全然紹介になっていないかも知れないが。



よく考えてみたら、今までホークアイのクラシック版フィギュアを所持していなかった事に気がついたので、せっかくだからこの機会に紹介してみようという事で記事にしてみた次第。



実は、このホークアイのフィギュアは、マーベル・ユニバースの単品では未発売。
(なぜかブルズアイが変装した、ダーク・ホークアイは出ているのだが…。)
今のところシークレット・ウォーズ・シリーズのコミック・パック2体セットでのみでの販売となっており、このフィギュアは新造型ではなく、コミック・パック版のリパックのようだ。



フィギュアは思いの外、デキが良い感じ。
プロポーション、造型、カラーリング、ペイントといずれも特に問題なし。



可動はマーベル・ユニバースの標準で、首(ボール・ジョイント)、両肩(ヒンジ)、両上腕、両肘、両手首、胸部、股関節(ボール・ジョイント)、両膝、両脛、両足首。
腕部の横回転は上腕部、脚部はブーツの継ぎ目が担当。
よって、肘部及び足首はヒンジではなく、一次軸のみ。



アクセサリーとして、弓と矢筒、そして矢が一本付属している。
矢筒は頭部を外してから脱着することが可能。



当然のようだが、ホークアイだけあって、弓を構えたポージングが非常に様になる。
特に好きなキャラクターというわけでもないのだが、カッコ良さは太鼓判。



同じくクラシック版のキャプテン・アメリカ(右)と。
同じく特殊能力を持たないヒーローということで、なにかにつけ若いホークアイがキャップに対抗意識を燃やしていたらしい。

前回の記事でも述べたとおり、管理人自身はハルクだけが目当てで購入しているが、実はこのセット、よく見ると他にも単品販売されていないフィギュアばかりで構成されており、考え方によっては結構お買い得なセットなのかも知れない。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(06/26)
無題(返信済)
(06/26)
無題(返信済)
(06/25)
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
忍者ブログ [PR]