忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[748]  [747]  [746]  [745]  [744]  [743]  [742]  [741]  [740]  [739]  [738


本日は前々回に引き続き、米ハズブロ社、アヴェンジャーズ・ウォルマート限定コミック・コレクション 4パックからアイアンマンを紹介。



アイアインマンに関しては映画版フィギュアでもさんざっぱら紹介しているので、解説は割愛。

つか、ネタのストックがもうない(汗

サイフとネタの懐が浅い男、その名は管理人。



このフィギュアは、以前紹介したロキ同様、ギガンテック・バトル・シリーズに付属していたもので、現在のところ単品発売はされていない。



アイアンマンのスーツとしては、マークⅢのバリエーションで、いわゆるポインティ・ヘルメット(角兜)と呼ばれるもの。
アーティストの解釈によって、ヘルメットとマスクの分割線部分が立体的に描かれており、あたかも角のように見えるので一般的にこの名称で呼ばれているが、特にスーツの性能に違いがあるわけではないようだ。



さて、フィギュアはマーベル・ユニバースの旧素体を使用。



プロポーション、造型は良好。
良い意味でクラシカルな感じが出ている。



カラーリング、ペイントもまずまず。
コミック版だが、ベタに赤と黄色ではなく、メタリックな色を使用している点で個人的にポイントが高い。
ただ、両掌のリパルサーブラストの発射孔は彩色して欲しかった。



可動に関しては、前述のとおり旧素体を使用しているので、昨今のマーベル・ユニバースに比べるといまひとつだが、普通に動かす分には不自由はない程度。



素体自体が軽いせいもあり、足首の可動もあるので、スタンドなしである程度は自立可能。



アクセサリーとして、ブラスト・エフェクトが2つ付属しているが撮影し忘れた。



角があるせいか、悪役に見えないこともない。



通常の(?)マーク3(左)と。
頭部と手の形状以外は同じ素体。
ポインティマスク版の方がゴールドがやや薄い感じか。
頭部と手は挿げ替えが可能なので、両方持っている方は色々試してもいいかもしれない。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 18 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
(07/17)
忍者ブログ [PR]