忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[753]  [752]  [751]  [750]  [749]  [748]  [747]  [746]  [745]  [744]  [743


久しぶりに新ネタが入荷したので、これまた久しぶりに更新。
本日は、米ハズブロ社、ジ・アヴェンジャーズ・ムービー・シリーズから映画版ホークアイ。

演じるは映画“ハート・ロッカー”でもお馴染みのジェレミー・レナー。



ホークアイの本名はクリント・バートン。
映画ではブラック・ウイドゥと同じく、S.H.I.E.L.D.のエージェントという設定。



映画“マイティ・ソー”にも出演しているが、あくまでのカメオ出演で、クレジットには名前が出ておらず、わかる人にはわかるが、わからない人には全くわからない役どころ。
ソーを狙撃する為に、銃ではなく敢えてボウ(弓)を選んだ時点てピンと来た人はアメコミのディープなファンかマニアである。



さて、フィギュアに関しては、プロポーションは良好。
造型は、このテのタイプにしては珍しく背中の矢筒が固定されており、それを支えるベルトがボディと一体成型になっている。
どうやら劇中のコスチュームもこのような造りらしい。



カラーリングとペイントも特に問題はない。
サングラスは黒一色ではなく、レンズの部分は茶色に塗り分けられている。



可動はアヴェンジャーズのデフィルト・クオリティ。
つまり、腰、手首、足首の可動がオミット。
自立時の安定感に欠くのが難点。



アクセサリーとして、通常のボウ(弓)と、ミサイル発射ギミックの搭載されたフィギュアオリジナルのボウが付属。



形の異なるミサイルが3種類付属しているが、通常ボウに番える矢はない。



筋肉質な体型が災いしてか、可動範囲が狭いため、弓を引いた状態のポージングができないのが欠点。



このシリーズの特徴として、可動が少ない分、造型は非常によくできており、顔もジェレミー・レナーの特徴をよくつかんでいる。



撮影する際に、長い弓がカメラのレンズに収まりきらず四苦八苦。
このあたりはライトセーバーを構えたSWBFに通じるものがある。



せっかくなので、先日購入した魂ステを使用して何枚か。



激しく移動しながら弓を射るのはあまり現実的ではないが、



やはり、動きがあったほうが見映えがよい。



映画版キャップ(左)と。
キャップよりもホークアイの方が弱冠背が高い。



次のシリーズでは、ニック・フューリーもフィギュア化されるとのことなので、アヴェンジャーズのメンバーは全て揃うことになる。

そんなワケで次回は、もう一人のメンバーを紹介する予定。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(06/25)
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
(06/15)
忍者ブログ [PR]