忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[752]  [751]  [750]  [749]  [748]  [747]  [746]  [745]  [744]  [743]  [742


現在プレイ中のゲームが行き詰ったひと段落したので、久しぶりに更新なぞ。

本日は、他のアメトイ紹介ブログにあって、拙ブログに欠けていたもの…それはつまり、

管理人の品格。

…じゃなくて、

和製アクション・フィギュア・スタンド

なるものをついに導入。

しかし、なぜ今になって?!

それは、前々から気にはなっていたものの商品名を知らなかったから。

だって和製アクション・フィギュアには全く興味がなかったし…。

つか、なんかこのテの製品て一般的な名称が決まってないし。

まさに盲点いや死角とすら言っていいだろう。

しかし、色々調べた結果、どうやらそれらしいものを特定。
値段もお手頃だし、最近ネタとなるような新作フィギュアも購入していないので、早速購入してみましたよ、と。



今回購入したフィギュア・スタンドは、バンダイの“魂ステージ”という製品。
対応シリーズとしてS.H.Figuarts、ROBOT魂、VF100's、TWIST ACTION FORM 、S.I.Cなどが挙げられているようだが、

残念ながら全く知らない(汗

しかし、ウリ文句が"小型(10~15cm)アクション・フィギュアのディスプレイに最適!"なので、3.75インチのアメトイなんかも含まれるであろう、と勝手に解釈して購入に踏み切った。
基本的にクリア素材なのだが、同じタイプでも他に色違いのバージョンもある模様。



セットの内容は、

・スタンドベース × 3
・支柱(大) × 3
・支柱(中) × 3
・支柱(小) × 3
・ジョイント(小) × 6
・ジョイント(大) × 3
・クリップ(挟み込みタイプ) × 3
・クリップ(差し込みタイプ) × 3
・クリップ基部(スライドタイプ) × 3
・クリップ基部(ジョイントタイプ) × 3

スタンドベース(台座)にはジョイント基部をはめ込むホールが3つあることから、ひとつのスタンドベースで、最大3体をのフィギュアをディスプレイできるようになっている。
基本的には支柱の両端にジョイントを差し込み、先端にクリップを取り付けたアームによってフィギュア本体を支える形。



大・中・小の3つの長さの支柱とジョイントの組み合わせにより、アームの長さが調節可能であり、フィギュアを固定する2本のクリップは、真直ぐな形状でフィギュアを差し込むタイプと、曲がった形状の挟み込みタイプがあり、いずれも2本のクリップ部の根元から可動するので、フィギュアを支える部位の形状に合わせて調節が可能。

文章の説明だけではよく分からないが、このディスプレイ・スタンドを使用すれば、



重心や接地性を無視できるので、飛んだり跳ねたり、



今まで使用していたフィギュア・スタンドだけでは為し得なかった大胆なポージングが可能となる。



特に、ジャンプの途中など、身体が中に浮いた状態を再現するのに最適で、マーヴェル・ユニバース等、それこそ飛んだり跳ねたりのアメコミヒーローの演出にはピッタリ。



よりダイナミックで、



より劇的なポーズが演出できるようになったのは嬉しい限り。

撮影の腕の悪さを差し引いても、カッコ良さ3倍増し(管理人比、但し根拠なし)。

もちろん、フィギュア本体だけではなく、



アイテムを投げたり、



敵を吹っ飛ばす状態も再現できる。



また、一つのベースで、複数のアームを使ってフィギュアをディスプレイできるので、



まるで映画のワンシーンやジオラマ・スタチューのような情景も再現可能。

色も目立たないクリア素材なので、撮影時に邪魔になるようなことはないが、

紹介記事であるにも関わらず、

逆にこの製品が、デジカメに写り難い事実は

いかんともし難い。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(06/26)
無題(返信済)
(06/26)
無題(返信済)
(06/25)
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
忍者ブログ [PR]