忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11


スティーヴン・スピルバーグ制作総指揮、マイケル・ベイ監督のトランスフォーマーズ。
元ネタは日本の玩具メーカー、タカラ社の『ダイアクロン』という変身玩具だとか。ああ、そういえば子供の頃見たことあるなぁ。
映画も別に興味なかったのだが、先日ヨメが予告編を見て「あなたの好きそうな映画だね。」と言ったのが切欠で本日モーニングショーに行ってきた次第。
感想は、“未知とのコミュニケーション”がライフ・テーマのスピルバーグと、“隕石と家族愛大好き”のベイが組んだら、やっぱりこんな映画ができるんだろうな、みたいな感じか。
なにをおいてもVFXがむちゃくちゃスゴイ。ベイ監督がとにかくリアリティに拘ったとコメントしていたが、まさしく、SF映画というよりか戦争映画に近い迫力。
絶対にあり得ないとわかっていても、子供ならずとも思わず「ありえねー」ではなくて「スゲェ」と叫びたくなるような映像だ。
ストーリーはあってなきがごとしだし、とってつけたような安っぽいヒューマニズムも盛り込まれているが、映画終った後に心に残るものほとんどはない。
って言うか、ただひたすら“スゲェ”映像が目に焼きついてしまい、当分の間脳裏を離れないだろうね。

拍手[0回]

PR


原作フランク・ミラー、監督ザック・スナイダーの“300(スリー・ハンドレッド)”。
先に米NECA社でアクション・フィギュアが発売されていたので、タイトルくらいは知っていたが、あまり興味は沸かなかった。タイトルの“300”も「西暦300年」を意味するのかと思ったが、後に全くの勘違いである事が判明。まぁ人間、興味がなかったらそんなものである。
先日、別の映画を見た時に衝撃的な予告編を目にし、一気に意識を改めた。これは何を置いても観なくちゃならん、という訳で、本日モーニングショーに直行した次第。

ペルシア軍数千万の侵略に対し、迎え撃つはレオニダス王率いるスパルタ兵の精鋭300人。数の上では圧倒的な不利な条件の中、それこそ“スパルタ教育”の語源となるほどの死と隣り合わせの試練を潜り抜けてきた一騎当千のツワモノ達が果敢に戦う。
援軍に駆けつけたギリシア兵にその数の少なさをなじられると、「“兵士”の数ならこちらの方が多い。」とうそぶくレオニダス王のふてぶてしさに思わずニヤリ。

セピア色を基調とした独特の美しい色彩、ストップ・モーションを活かしたド派手なアクション、歴史物かと思えば、“ロード・オブ・ザ・リングス”を彷彿させる数々のクリーチャーが登場したりと、長いとも短いとも言える120分間を飽きさせずに十分満喫させて頂いた。
R15指定なのでTV放映はないだろうし、やはり映画館のスクリーンでこそ見たいといえる作品だ。

拍手[0回]



連休に入り、ヨメさんも義姉夫婦のところに遊びに行ったので、本日はモーニグショーで“スパイダーマン3”を鑑賞。
なんとメンズ・デーとかで、1000円ポッキリ。新作が野口さん一枚で観られるとはありがたいことである。

さて、映画の方は上映時間2時間半と長尺ながら、なかなか楽めた。
MJは相変わらずお世辞にも可愛くないし、ピーター・パーカー役のトビーも何を考えているのか分からない顔をしており、年齢不詳の不気味さが際立ってきたような気がする。
完結編という事で、悪役が3人も登場し、「まとまりがない」と聞いていたが、別にそんなこともなく、まぁ一人で長丁場引っ張るよりも変化があっていいかな、という感じか。
…というか、今回のテーマのひとつは恐らく“赦(ゆる)し”なので、それに対比するための強烈な“怒り”が必要だったのだろう。“恋人をとられた嫉妬”であり“叔父を殺した犯人に対する憎悪”であり“卑怯な人間に対する嫌悪”がそのままブラック・コスチューム(=ヴェノム)に集結させる必要があったのかな、と。
あまりにも唐突で多少強引な点はあるにしろ、それこそクモの糸のようにフクザツに絡まりあった因果関係を解きほぐして大円団にまとめあげたサム・ライミの手腕は見事だったと評価したい。…えらそうに。

拍手[0回]



ピーター・ウェーバ監督、ギャスパー・ウリエル主演「ハンニバル・ライジング」。原作者のトマス・ハリスが脚本を手がけているそうな。
小説とは細部が異なるが、大筋は同じ。
ただし、先に小説を読むと映画の筋があまりにも簡素に感じられるので、鑑賞後に補完として読まれることをオススメする。
前作「ハンニバル」では割愛された“妹のミーシャ”に関わるエピソードに焦点を当てており、少年時代のトラウマが人格形成に強く影響を及ぼしている点が強調されているように感じられる。
この映画のもうひとつのキーとなっているのはズバリ“頬肉”。
映画鑑賞後は、なんとなく他人の頬がおいしそうに見えてきた。

拍手[0回]



マーク・スティーヴン・ジョンソン監督、ニコラス・ケイジ主演の『ゴーストライダー』。
日本でも黄金バットをはじめ、妖怪人間ベム、ゲゲゲの鬼太郎、デビルマンなど、いわゆる異形のヒーローは数多く存在するので、例え革ジャンを着た燃えるドクロであっても違和感はない。つまり、このヒーローの“みてくれ”は日本人にとってマイナス要素にならないということだ。アメリカではポピュラーなアメコミヒーローで、主演も実力派人気俳優ニコラス・ケイジときたら、ヒット作になりそうなものなのだが、米国公開時には映画評論家に軒並みコキ下ろされたとか。曰く、「監督、俳優、演技、ストーリーいずれも最悪」と。
ニコラス・ケイジは好きだし、以前から観たいとは思っていた映画なので、本日モーニングショーに行って来た。
期待に反して、やはりその評価には納得せざるを得ない感じ。
ニコラス・ケイジも頑張っているし、最新VFXも非常にカッコ良く、特にバイクのシーンは本当に萌えるのだが、残念ながらトータル的には不協和音。素人の悲しさか、どこがどうとは指摘できないが、なんとなくバランスが悪くて観ていても居心地が悪さが拭いきれない。
まぁ、実写でゴーストライダーが見れたのだから、それはそれで是とするが、もし続編を製作するならば、せめて監督は別の方にお願いしたい。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 10
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(08/19)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
忍者ブログ [PR]