忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9


マイク・ミニョーラ原作、ギレルモ・デルトロ監督、ロン・パールマン主演、『ヘルボーイ2 ザ・ゴールデン・アーミー』。
全米公開に遅れること2ヶ月余り。クビを長くして待っておりましたが、本日公開と当時に観賞。

平日で、しかも日本全土を覆う寒波と雨のせいもあり、初日は午後からの上映となったものの、観客の姿はまばらなのは人を選ぶ監督、人を選ぶ作品だから仕方ないところか。
1作目を観ている管理人にとって、原作と映画は別物と割り切って観賞に望んだのだが、

いきなりストレート・パンチ

え゛え゛え゛え゛え゛え゛…みたい、な。
ネタバレになるので書かないが、原作ファンなら必ずのけぞる展開。

一言で言うなら、ヘルボーイ許すまじ。

さて、今回は新キャラクターとして、ドイツから招聘された捜査員にしてヘルボーイのお目付け役、エクトプラズムマンことヨハン・クラウス博士が登場。B.P.R.D本部のシャワールームにおけるヘルボーイとヨハンの掛け合いはお気に入りの場面のひとつだが、ヨハンがシャワールームに来て、一体どうするつもりだったのかは、この映画最大のといっていいだろう。

映画は絵的には非常に面白く、見せ場も多くあり、最後まで決して飽きさせない展開で、予告編でクライマックスかと思ったシーンのほとんどが序盤から中盤にかけての映像だったことに驚かされた。
しかし、世界観がリアルな現実世界とはマッチしないため、ストーリーが今ひとつチグハグな感は否めない。
実写で観たいが、実写にはそぐわないという矛盾を抱えた作品なのではないだろうか。

最後に、ヘルボーイをフィギュア化している米メズコ社には是非、今年のコミコンあたりでゴールデン・アーミーのフィギュアを出してもらいたい。

拍手[0回]

PR


ヴィゴ・“アラゴルン”・モーテンセン主演と言うだけでレンタル。
例によって事前情報もまるで調べず、ぶっつけ本番で観賞。

いきなりグロ。

最近の映画は、みんなこんなか?スプラッタ志向か?
と思いきや、それもそのハズ、

監督がデヴィット・クローネンバーグ。

最後のクレジット見て気がつき、椅子ごとひっくりかえる。
グロとヴィゴとくれば気がついて当然だった…。

見所は、妙にリアルでドロドロしいアクションシーン。

拳銃? NO.
カンフー? NO.

サウナでフリ〇ンの殺陣はハラハラドキドキ。

勿論、違う意味で…。

ヤヴァイって、完全に見えるって。申し訳程度に手を添えても隠れてないし。

異相の個性派俳優ヴァンサン・カッセルも“ジェヴォーダンの獣”以来、ゲス野郎役が板について非常にイイ感じ。(お気に入りの俳優であることを差し引いても奥さんがモニカ・ベルッチである事は許せない。)

女性と見る映画でもないので、一人で深夜酒でも飲みながら“漢”を噛締めるにはもってこいの作品。

拍手[0回]



ジョン・ファヴロー監督、ロバート・ダウニーJR.主演の映画『アイアンマン』。
ホントは29日の平日モーニングショーを狙っていたのだが、急遽予定が入り、本日観賞することに。
日曜日と言うこともあり、混雑を予想したが実際に映画館に入ってみれば席はガラガラ。日本の映画産業は大丈夫なのか?

全米でヒットしたせいか、日本公開前に話題の作品として雑誌で取り上げられる機会も多いが、「ニュー・ヒーロー誕生」の見出しは頂けない。なぜならアイアンマンは、ベトナム戦争の頃に誕生した由緒正しきアメコミ・ヒーローなんだから。

さて、管理人が観た限り、アメコミの原作ものは、やたら面白いかやたらつまらないかの二つに一つであり、まずまずという中間がない。
幸いな事にこの映画に関しては前者であり、モダンなアイアンマンの魅力があますところなく表現されていたように思う。
モビルスーツやパワードスーツはガンダムをはじめとするアニメで日本でも十分な下地があるだけに、ウケもいいだろう。実写で見られるとなれば尚更である。

多少ネタバレになるけれど、個人的に気に入ったシーンは、マーベルコミックの実写映画に必ずカメオ出演するあの方と、ローデスが飛び去るスタークを見送った後、残されたマーク2を見つめ一言。

「Next Time,Maybe(たぶん、次の機会に)」

そしてクレジットの後に登場するあのキャラクターが、マーベル映画の今後の展開を予想させてくれる。

ウソかホントか、「キャプテン・アメリカ」の役がウィル・スミスにオファーがあったという話もあるし、今後ますます目が離せないようだ。

拍手[0回]



事前情報を仕入れずに、ぶっつけ本番で見るのが管理人の映画鑑賞法なのだが、今回はそれが完全に裏目に出た。
レンタルの期限もあって、酒に酔った状態で真夜中に観たのだが、さらに酔って気持悪くなり吐きそうになる。気持悪い描写があるとか、生理的な嫌悪感を感じてそうなるようなタマでもない。

原因は乗り物酔い。

この映画はハンディカムによるプライベートヴィデオの撮影という体裁で描かれており、手持ち感を出すための不規則なブレが原因。
なんでも全米公開時にはクレームが殺到したため、映画館には「乗り物酔いに似た症状が出ることがあります」と注意書きが出たとか。

ちなみにタイトルの“クローバー・フィールド”とは、最初はこの映画プロジェクトのコードネームだったのだが、

・コードネームは映画の内容を隠すためにテキトーな名前をつける必要があった。

・たまたまパラマウントのプロデューサー、J.J.エイブラムス氏の古いオフィスがシアトルのクローバーデール通りにあった。

・それを知ったマット・リーブス監督が(マンハッタン・プロジェクトとかのノリで)コードネームを、(ウロ覚えのまま間違えて)“クローバー・フィールド”と名づけた。

・誰もその間違いに気がつかなかった(つか、気にしなかった)

・そのまんまのタイトルで確定。

・結局誰も意味がわからない(知らない。)

ということらしい。
まさにこの映画にうってつけの逸話である。

拍手[0回]



ピーター・バーグ監督、ウィル・スミス主演の『ハンコック』。
『ダーク・ナイト』『クローン・ウォーズ』と観たい映画は結構あるのだが、上映時間帯の関係で本日はこの作品を観るに到った次第。

夏休みも明けて、平日は街の中から学生達の姿も消えたことで、出勤途中のサラリーマンの中に紛れラフな格好で映画館に向かう。
モーニングショーということもあり、中はガラガラ。好きな座席を選び、早くもリラックスモード。
こういう時は土日出勤の仕事も悪くないなと思える至福の瞬間。

さて、CMなどで予告編を観ていたため、ちょっとした予備知識はあったのだが、これが結構喰わせモノ。
ストーリーは、嫌われ者のスーパーヒーローが更正する物語。予告編では、スーパーマンもどきの無敵振りで、好き勝手に振る舞うハチャメチャ振りがオモシロそうだったのだが、その後にもう一捻り。
当然の如く用意されているであろうことは予測された“ヒーローのピンチ”の意外性にストレートに意表を突かれて驚く。実はちょっと悲しい物語だったりするわけだ…。
映画を一回観ただけでは、ちょっと設定に矛盾を感じたが、あまり細かい事は気にしないタチなので、それはそれでまぁいいか、みたいな。

ここのところ流行りのスーパーヒーロー実写版に対して、アンチテーゼっぽい序盤のノリも、なかなか笑えてよろしいかと。

ちなみに、日本人にはあまり馴染みがないが、ジョン・ハンコックとは、米国史上実在した人物の名前で、なんでもアメリカ独立宣言に真っ先に署名した人物であることから、アメリカでは“署名”の代名詞にまでなっているらしい。

“Wright here Jhon Hancock.”(ここに署名しなさい。)

みたいに使われているのだろうか?

…意味のわからない人、映画観てください(笑。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]