忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[557]  [556]  [555]  [554]  [552]  [551]  [550]  [549]  [548]  [547]  [546


家に帰ったら日付が変わってた。

ま、いつもの事だけどね。

さて、本日は前回に引き続き、米ハズブロ社、アイアンマン2、ムービー・シリーズ・ボックスセット、フューリー・オブ・コンバットから、ニック・フューリー。
S.H.I.E.L.D.(Strategic Homeland Intervention, Enforcement, and Logistics Division.)と呼ばれる長ったらしい名前のアメリカの秘密組織の長官で、マーベル・コミックの世界では、いろんな処に顔を出し、ヒーローの一人として数えられている。
実はキャプテン・アメリカと同じく超人血清の被験者で、その薬効により、常人に比べて老化がかなり遅い。



確か、ずーと以前から、アイパッチした白人の中年のオッサンというイメージだったが、いつの間にか黒人になっていた。
管理人が初めて実際にニックが活躍するのコミックを見たのは『アルティメット・X-メン』だったが、その時はすでにアフリカ系アメリカ人という設定だったんでちょっとビックリした記憶が…。



なんでも新たに展開された「アルティメット」シリーズから黒人に描写されるようになり、そのうちにサミュエル・L・ジャクソン風に描かれるようになり、そのまんまのまんま映画『アイアンマン』に起用されて、スクリーンに登場することになってしまったらしい。
『アイアンマン2』の制作発表時に降板騒動があったが、ファンの強い要望に後押しされる形で引き続きマーベル映画9本に出演する事が決まったようだ。



さて、フィギュアは

どこのギャング?

と聞きたくなるようなデキ。
いや、はっきり言って良く似てます。
SWBFのメイス・ウィンドゥよりクリソツ。
ジェダイ・マスターも、髭を生やしてアイパッチすれば、

十二分に悪人顔。

映画を見てなければ多分、

悪役だと思われても仕方ない。

アメコミにはコスチュームのせいか悪役にしか見えないヒーローも多々いるが、

素顔で犯罪者は流石にいない。

もしかして英語能力の低い管理人の長年の勘違いで、

ニックってヴィランだったの?

と思わずにはいられない。



可動は標準的なマーベル・ユニバース・スタイル。
股関節は簡略化されたタイプだが、このフィギュアの場合は股関節の可動部の芯棒にスティール素材が使用されており、ヘンに曲がらないので動かし勝手が非常に良い。

ちなみに、管理人はコートの形を整えるために、画像のように胸の下辺りをクリアゴムで留めている。



拳銃は右手に持たせることもできるが、握りが甘いせいか保持力がイマイチ。

画像では隠れてしまっているが、左胸から脇にかけてホルスターがあるのだが、拳銃が収まった状態でモールドされており、収納ギミックはない。
もっとも、実際に収納させるとなると厚みによりオーバースケールで、プロポーションが崩れてしまうだろう。



腕を後ろ手に組ませた感じ。
もしくはハンドポケットか。
エラそうなポーズがヤヴァいくらい似合う。



同セットのアイアンマンMrk.Ⅵと。

メール・アウェイのニック・フューリーは買い逃してしまったので、映画版のニックだけでも手に入って嬉しい限り。
後は映画版のシールド兵士が欲しいところだが、とりあえず次はブラック・ウィドゥあたりでも…。

このコートを流用して、新たにスナイプス版のブレイドをリリースしてくれないものだろうか。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(06/26)
無題(返信済)
(06/26)
無題(返信済)
(06/25)
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
忍者ブログ [PR]