忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[644]  [643]  [641]  [640]  [639]  [638]  [637]  [636]  [635]  [634]  [633


本日は、前回に引き続き、米ネカ社、ターミネーター・アクション・フィギュア・シリーズからT-800 エンドスケルトン。

一度は斃したと思われたターミネーターが、炎の中から不死鳥(ゾンビ?)のように復活するシーンは、1作目の映画の中でも屈指の名シーンと言えるだろう。

B級SFと言うよりまるでホラー映画のようだ。



さて、カルト・クラシックス・シリーズの頃から既に散々っぱら再販されて続けてきたエンドスケルトンだが、今回もまた当然の如くラインナップ。
ターミネーターといえば、当然シュワちゃんだが、やはりこの“なかのひと”たるエンドスケルトンのイメージも強いためか、ファンの間でも根強い人気があるようだ。



メーカー側もそれを十分意識しており、アクセサリーやペイントなどビミョーなバリエ化を試み、手を変え品を変えてファンの心理を攻めてくる。
つか、シリーズの性質上、ある意味毎回ラインナップせざるをえないキャラクターというところだろうか。



しかし、さすがに3体目ともなれば、いかにファンといえどもフツウはスルーして然りなのだが、今回はなんと事前情報で頭部が新造型されると聞いており、試しに購入してみた次第。

…やはり、というか頭部の造型が以前から、かなり不評だったのだろう。



さて、その新造型の頭部だが、口の開閉可動をオミットしてその分映画のイメージに近づけた感じ。
これは、かなり思い切った決断だろう




以前の素体に比べ、スミ入れがややキツイ感じもするが、凶悪な面構えでかなり男前(?)に仕上がっている。



当然のことながら、頭部以外の部分は全て流用なので特筆すべき点はなし。個人的には、できれば足首の可動をヒンジを用いて欲しいのだが、それはムリな相談というものなのだろうか。



アクセサリーとして、プラズマライフルと、それを保持するための右手首の替えパーツが付属。
以前リリースされたフィギュアと同じく、手が骨ばった形状のせいか、保持力が弱く、しっかり持たせようとするとかなりストレスが溜まるので、持たせたまま飾るならクリアゴムか何かで固定した方がいいだろう。



以前購入したエンドスケルトン(右)と。
新造型の頭部の方が、より全体的にシャープなイメージになっている。
前述したとおり、素体自体は同じなのでアクセサリーの流用も可能。
個人的には新しい頭部の方が好みであるが、コスト面から考えて敢えて買い替えの必要があるかどうかは判断の難しいところ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(09/16)
無題(返信済)
(09/15)
無題(返信済)
(08/30)
無題(返信済)
(08/29)
無題(返信済)
(08/29)
忍者ブログ [PR]