忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[646]  [645]  [644]  [643]  [641]  [640]  [639]  [638]  [637]  [636]  [635


ケネス・ブラナー監督、クリス・ヘネスワーズ主演、“マイティ・ソー(原題『THOR』)”本日、3Dで観賞。

ホントは2D版でもよかった…というかむしろ2Dで観たかったのだが、近くの映画館では3D版しかやってなかったため、しぶしぶといった感じ。
というのも、実は管理人初の3D映画デビューなので、いつになく尻ごみしてしまったというのがホンネ。
目が悪いので、映画観賞時には字幕を見るために眼鏡を着用するので、メガネの上から3Dメガネができるのか心配していたのだが、配布された3Dメガネは、やや大ぶりな造りになっており、重ねて着用しても全く問題なし。
ラバー製で重量もさほどではなく、普段からメガネをしているなら特に気にならない程度で、途中から3Dメガネをしていることすら忘れてしまうほど。

で、初の3D映画の感想はというと、立体的というよりも、飛び出す絵本みたいなイメージ。
“映像”という2次元の構造上、オブジェクトごとに奥行きを出すことは可能なのだが、奥行きはともかく真の意味での立体感にはやや乏しい感じ。
その昔、PCにWicked3D eyeSCREAM 立体メガネがあり、3dfx社のVoodoo2のSLI(2枚差)であれば、ゲームを3Dでプレイできるという傑作であったが、そちらはゲーム自体がパソコン上でリアルタイムにポリゴン描写されたためであり、エッジの鋭さなど、本当の意味で立体的だったと感動したことを憶えている。
それ比べると、3D映画は確かに大画面で迫力こそあったものの、ちょっと肩透かしといった感じか。オマケに字幕まで浮いてしまい、目が疲れてしまうのも難点。これも慣れかもしれないが。

さて、映画本編の話。
アメリカ本国でも前評判は良かったらしいので、期待して観賞に臨む。
この手の映画は日本での公開が遅れるのが常だが、ある程度の評価が固まってから観ることができるので、アタリハズレが少ないのは利点か。

ヒロインにナタリー・ポートマン、主人公の父親オーディ神役にアンソニー・ホプキンスという豪華キャストも嬉しいところ。

ストーリーは、他のマーベル映画と同様、原作コミックとはやや異なるものの、ある程度は踏襲しており、無難なところにまとめている。
ただし、2時間弱の時間で全てを完結させるのはやはり難しいらしく、どうしてもストーリーを追って駆け足にならざるを得ない。
結果として、キャラクターの掘り下げが十分とは言えず、映画だけを観ていると、ものすごく単純な性格(例えばソーやジェーン)か、そうでなければ酷く難解(オーディンやロキ)に思えてしまう。

…実際にそうなのかも知れないが。

特殊効果は3Dとの相乗効果により迫力抜群。
特にデストロイヤーの暴れっぷりは名シーンのひとつ。
自らの意思ではなく、単に命令されてやっているだけなのだが、下手な小細工なしで破壊一辺倒であるため、ヘタな悪役よりもずっと悪役らしい。

さて、細かなネタバレをいくつか。

*やはり、というか、ソーのヘルメット姿はワンシーンのみ。
*ヒロインの元カレの名前はドナルド・ブレイク(原作ではソーの中の人)。
*今回もまた、スタン・リーが登場。
*S.H.I.E.L.D.のスナイパーとして、ホークアイらしき人物が登場。
*登場人物の知人として、失踪したガンマ線研究者の話題が出る。
*シールド・エージェントのフィル・コールソンがデストロイヤーをトニー・スタークの開発した兵器と勘違い。
*クレジットの後でアベンジャーズに続く伏線あり。

次第に細かな伏線が増えたりマーベル・ムービー・ユニバースとしての世界観も固まりつつあり、小ネタで楽しませてくれる。
アベンジャーズへと続く今後の展開が非常に楽しみである。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ご無沙汰しております、いんじごです。
ばんさんと同じく、私も昨日THORを見てきました。
自分も見ていて幾つか気になる点はありましたが、面白かったので満足です。何より、ホークアイなどの伏線でニヤリと出来たので(笑)
Xメンとグリーン・ランタン、キャプテンアメリカなど、しばらくはアメコミ映画に不足しませんね・・・。
いんじご 2011/07/05(Tue)22:48:24 編集
Re:無題
いんじごさん、こんばんは。

>ばんさんと同じく、私も昨日THORを見てきました。

奇遇ですね!
実は同じ映画館だったりして(笑)

>ホークアイなどの伏線でニヤリと出来たので(笑)

最初、ホークアイだとは気がつかなかったのですが、ライフルでは
なくてボウを選んだ時点でピンときましたね(笑)
館内には数える程しか人がいなかったのですが、一体何人がこの伏
線に気がついたかと思うと、ついニヤニヤしてしまいした。

>Xメンとグリーン・ランタン、キャプテンアメリカなど、
しばらくはアメコミ映画に不足しませんね・・・。

予告編でやっていたグリーン・ランタンが思いのほか良さ気でした。
本命はキャップなのですが、10月の日本公開が待ち遠しいです。
最新の予告編を観たところ、かなり期待できそうですね。
【2011/07/06 21:35】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
4 5 6 7
8 9 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(10/15)
無題(返信済)
(10/14)
無題(返信済)
(10/14)
無題(返信済)
(10/13)
無題(返信済)
(10/13)
忍者ブログ [PR]