忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512]  [511]  [510]  [509]  [508


地獄の年度末スケジュール。
皆さん、お元気ですか?

管理人は半分死んでます

さて、本日は、米ハズブロ社のアイアンマン2・ムービー・シリーズからアイアンマン・マークⅢ。

赤と金のホットロッド色はマークⅣ、Ⅵ、素体はマークⅡと同じ。

以上。








…やっぱダメっすか?



今更紹介するのもナンだが、映画第1作目に登場したスーツ。
マーク2までがボディの素材に鉄を使用していたのに対し、成層圏に達した時の気温低下による凍結を防ぐために、軍人衛星用に開発された金とチタンの合金を使用している。これにより凍結防止はもちろん、装甲の強度を維持したまま軽量化されているらしい。
ちなみにボディカラーは新素材とは無関係。単なるトニー・スタークの個人的な趣味である。



さて、フィギュアは先ほども述べたとおり、素体自体はマークⅡと全く同じ。
そもそも映画第1作目の際に発売された6インチ版と同じ造型だが、肩アーマーがポロポロとれやすかった欠点は改善されている模様。



シリーズ共通して背中のど真ん中には用途不明のホールが。
フィギュア本体よりも存在感のあるデラックス・フィギュアのド派手なアクセサリーを固定するためのものなのだろうか。
どうせならスタンド・アームを販売してくれれば、宙に浮いている状態を再現できて嬉しいのだが。



手首はマークⅢ、Ⅳ、Ⅵいずれも共通なので差し替え可能。



肩アーマーが干渉するので、腕の上下可動の限界はこんな感じ。
ただし、肩アーマーは直接腕に固定されているため、腕を前後に回す事ができるので特に問題はない。



真正面よりも、斜に構えた方がいい感じ。

アクセサリーとして、フリップ・アップ・アーマーという胸部装甲が付属しているが、例によって撮影はスルー。



カラーリングのせいでよく似てはいるが、マークⅣ及びマークⅥとは、頭部、両手先、両足先以外は全て別の造型となっている。

今しばらくアイアンマン・ネタは続きまする…。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 10
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(08/19)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
忍者ブログ [PR]