忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389


ウチのヨメは生粋のテレビッ子で、1日28時間位はテレビを観て過ごす。
この間、クイズ番組を観ていて、「病院と診療所の違いは?」と言う問に対して、即座に「ベット数!」と答えていたのに関心して「なんで知ってるん?」と聞いたところ、「ガッコウで習った。」とのこと。
そう言えば、今のパート先が決まる前に、医療事務関係の講座に通っていた。
しかし、今の仕事は、医療とは全く関係ない。
せっかく受けた講座が、クイズの答えにしか活用されていないのはどんなもんかとも思うが…。

さて、そんなワケで、本日は、IDDF、“ザ・ロスト・アーク”シリーズから、インディアナ・ジョーンズ・ウィズ・テンプルトラップ(寺院の罠)。
映画“失われた聖櫃(アーク)”の冒頭に登場した豊穣の女神の偶像を守っていたトラップをフィギュア化。
本来は、巨大な石球が転がってくるものだったが、流石にこのスケールでは再現不可能とみえて、別のトラップで代用した模様。



偶像を取ると、



バネ仕掛けで床のトラップが作動するギミック。

…だから?



付属しているインディのフィギュアは、上半身はほぼフルポーザブルタイプだが、手首の可動がオミット、下半身は股関節のみ可動。足の形状は、以前紹介したベーシック・フィギュアのホイップ・アクションのタイプと同じだが、鞭をふるギミックはやはりオミットされている。
アクセサリーとして、鞭、リボルバー、砂袋、偶像が付属。



豊穣の女神の偶像は先に述べたトラップのギミックのトリガーになっているため、底の部分が棒状に延びており、その部分が台座に差し込まれる。



鬼瓦みたいな形状のトラップ部分は、取り外し可能。



映画のシーンを真似てベーシック・フィギュアのインディと。
セール品だったので、台座と小物欲しさについ購入してしまった次第。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]