忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390


米ハズブロ社のSWBF及びIDBFがドドっと入荷。
本日は、SWBF、ザ・レガシー・コレクションから医療補助ドロイドFX-6を紹介。
FX-6は、火山惑星ムスタファーで、オビ=ワンとの一騎打ちに破れたヴェイダー(アナキン)のサイバネスティック手術を担当したドロイドの一体。



DD-13、2-1Bに続いてフィギュア化される事になり、一ファンとして非常に期待していたフィギュアのひとつ。
公開されていた画像でも悪い印象は受けなかったので、今回はイの一番に開封した。

しかし…しかしである。

アームがたくさんあるのはいい。

分割収納も止むを得まい。

しかし組み立て説明書がないと言うのはあまりにも不親切ではないだろうか。

幸い、管理人はたまたま「スター・ウォーズ エピソード3 キャラクター&クリーチャー」という本を持っていたので、掲載されていたFX-6の写真を頼りにして、組み立てることができた。造型はしっかりしていて、アームが全て設定に忠実に造られている。だが、組み立て作業中に妙な違和感を感じたので、よくよく調べて見ると、最初から本体に付いているアームの一本が上下逆さまになっている事に気がついた。
急いでネット通販している某ショップさんのサイトに掲載されたパッケ画像で確認したところ、これは管理人の購入した個体だけではなく、全ての商品が同じように間違って製造されているようだ。品質管理以前の問題だぞ、をい。

また、管理人が購入したものは、個体差だろうが、頭部のヌキが荒く塗装もやや雑な感じだった。
さらに、(まだあるのか?)一本のアームのジョイントの♂部分にプラスチックが十分流れておらず、結局工具用電動ドリルで穴を開けて補修。
まさに踏んだり蹴ったり。

まさか医療補助ドロイド治すハメになるとは思わなんだ。



後継機であるタコの八っちゃんFX-7(右)と。
あらゆる点で10年以上前のフィギュアに負けているような。



まあ、とりあえず“チーム・ヴェイダーの栄光”揃い踏み。



皇帝陛下もご満悦。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(06/26)
無題(返信済)
(06/26)
無題(返信済)
(06/25)
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
忍者ブログ [PR]