忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387


この間ヨメが実家に帰省した時の話。遊びに来ていた中学生の甥に背後から近づいて振り向き様に“地獄突き(逆貫手)”をかましたらしい。
ところが、命中した途端、相手が甥ではなく一緒に遊びに来ていた近所の子だった事に気がついた。
しばし気まずい沈黙が続いた後、ヨメが放った一言は、


「なぜ避けぬ?」


…オマエはラオウか?

そんなワケで、連日夜中の2時3時までのお持ち帰り残業が続き、本日は久しぶりの休日なので、滞っていたブログの更新を敢行。
今日のネタは米DCダイレクト社のシークレットファイルシリーズから、ローグ・ギャラリー第2弾、トゥーフェイス。今回のシリーズはブライアン・ボーランドのアートをベースにしているらしい。

さて、トゥーフェイスはバットマンに登場する代表的なヴィランのひとりで、本名はハーヴェイ・デント。その整った容姿から「アポロ」とも呼ばれていた、ゴッサム・シティの有能な地方検事であり、バットマン(ブルース)やゴードンの友人でもあったが、法廷でマフィアのボス、サル・マローニに硫酸を浴びせられ、顔左半分と左手に大きな損傷を受けたショックから精神に変調を来たし、トゥーフェイス(二つの顔)と名乗る犯罪者となった。 常に左右の柄の違うスーツ姿で登場し、マローニの持ち物であった片面を傷つけた1$コインをトスして表か裏かで自分の行動を決定する性癖を持つ。犯罪者になる過程はやや異なるが、映画“ダークナイト”にも登場していたのでご存知の方も多いのでは。



フィギュアは標準的なDCダイレクト社の製品と同じ可動で首(ボールジョント)、両肩(ボールジョント)、両肘、両手首、両股関節、両膝、両足首。他のヴィランに比べ、あまり派手なキャラクターでもないので、パッケージの状態ではいささかビミョーな感じもしたが、開封してやや胸を反らせ気味のポーズで立たせてみたら、それなりに良い感じになったような?
左半分の硫酸で傷ついた顔は、グロいというよりもどちらかというとコミカルな感じに仕上がっている。これがマクファなら子供が泣き出してしまうくらいリアルに仕上げるのだろうが、セットのうちこのフィギュアだけマスマーケットで販売できなくなる危険があるので、この程度で勘弁しといてやる。(無意味に上から目線)
アクセサリーとして、拳銃2丁とトレードマークの1$コインが付属。コインはクリア素材を使用して、まさに指で跳ね上げた瞬間を再現している。



映画“ダークナイト”にならってジョーカーと。
是非、ジョーカーの看護師バージョンを…イラネーヨ。



こちらは“バットマン・フォーエヴァー”を意識してリドラーとハデハデスーツコンビ。怪人の名にふさわしいお二人。

次回は萌えキャラ(?)、ポイズン・アイビーを紹介の予定。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 10
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(08/19)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
忍者ブログ [PR]