忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[655]  [654]  [653]  [652]  [651]  [650]  [649]  [648]  [647]  [646]  [645


Groovy!

今年になって米ネカ社が、サム・ライミ監督、ブルース・キャンベル主演によるホラー映画の金字塔『死霊のはらわたⅡ』の商品化ライセンスを取得した…とは知っていたものの、その時点で具体的なプランは全く明らかにされていなかったため、「へぇ」と「ふーん」の中間位のインパクトしかなかったように記憶している。

それでも一応『死霊のはらわた』のファンを自認する管理人としては、全く期待していなかったわけではない。
ある程度の可動を設けたアッシュのフィギュアがリリースされたら嬉しいな…とは考えていた。

そしたらいきなりコレである。


まさに青天の霹靂。
やってくれます、さすがは7インチを牽引するネカ社といったところか。

死霊のはらわたⅢ(邦題キャプテン・スーパーマーケット)ではなく、Ⅱというチョイスもなかなかシブいところ。

それよりなにより、

ブルース・キャンベル、若っ!



写真から推測する限り、ターミネーターのシリーズで培った、コスト削減のための素体流用技術(笑)を活かし、今回も下半身はほぼ固定で、上半身でバリエーションを設けてアッシュだけでも3体リリースされる模様。



付属のアクセサリーもなかなか凝っており、騒動の元凶とも言える“死者の書(ネクロノミコン)”、死者の復活の呪文を録音したテープ・レコーダー、恋人だったリンダの首、死霊に取り憑かれ、切り落とされたアッシュの右腕など、ファンの心理を衝いた小物ばかりで、クリエイターの拘りが垣間見えて楽しい。

発売は来年と、まだ半年以上先の話だが、これは間違いなく“買い”である。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
イカすぜ!
お久しぶりです!『死霊のはらわた』関連の話題と言うことでコメントします。

なるほど、上手く素体を流用することでコスト削減して、劇中での様々な状態を再現してくれるというのはファンとしても嬉しい限りです。さすがにターミネーターはバリエーションが多すぎて途中で断念してしまいましたが…

もうこうなったら初代のアッシュやⅢの悪い分身アッシュなど、シリーズ全作のブルース・キャンベルを出しちゃって欲しいですね!
dark URL 2011/08/01(Mon)20:12:09 編集
Re:イカすぜ!
darkさん、お久しぶりです。

>お久しぶりです!『死霊のはらわた』関連の話題と言うことでコメントしま
>す。

このネタを掲載する時から予期してました(笑

>なるほど、上手く素体を流用することでコスト削減して、劇中での様々な
>状態を再現してくれるというのはファンとしても嬉しい限りです。

開き直りにも似た素体の流用がいっそ清々しいですね(笑

>さすがにターミネーターはバリエーションが多すぎて途中で断念してしま
>いましたが…

私もT-1000は最初からアウト・オブ・眼中で、シュワちゃん一本に
絞ってました。リデコのエンドー・スケルトンは入手されましたか?
顔がより映画に近くなっててイイ感じですよ~(悪魔の囁き)。

>もうこうなったら初代のアッシュやⅢの悪い分身アッシュなど、シリーズ
>全作のブルース・キャンベルを出しちゃって欲しいですね!

ⅡとⅢのヒーロー・アッシュは被りますが、Ⅱの方がまだ小奇麗ですかね。
Ⅲのエビル・アッシュは是非お願いしたいところです。
ネカならやってくれそうな気がしますね。
マイケル・ビーンの肖像権も確保してくれませんかね~。
【2011/08/01 20:29】
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 10
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(08/16)
無題(返信済)
(08/15)
無題(返信済)
(08/15)
無題(返信済)
(08/15)
無題(返信済)
(08/14)
忍者ブログ [PR]