忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[654]  [653]  [652]  [651]  [650]  [649]  [648]  [647]  [646]  [645]  [644


風呂上がりのビールはあんなに美味いのに、

プール上がりの生ビールがイマイチなのは何故?

管理人の素朴な疑問はさておき、本日は、引き続きサンディエゴ・コミコンのレビュー記事をば。

前後してしまったが、来年1月リリース予定の米ハズブロ社SWBF、ザ・ヴィンテージ・コレクション、ウェブ1はファントム・メナス。
そんなワケで、パダワン・アナキンが初のフルポーザブルでフィギュア化。

思えば新三部作は公開当時ハズブロとマテルで商品化権の争奪戦を行い、ハズブロが辛勝したももの、映画の評判が芳しくなく、商品の売れ行きも散々だったとか。
映画公開時以来フィギュア化の機会に恵まれなかった幼少時のアナキンもやっとリリース。

よりによって最後のワンシーンしか登場しなかったパダワン版だけど。



さて、お次はEPⅠの一番人気、シス・アプレンティス、ダース・モール。会場に展示してあったフィギュアはエボ版だったが、プレゼンテーションで公開された画像はどうやら新造型のご様子。
頭のトゲトゲもシャープになり、恐らくはスーパーポーザブルなのではないかと密かに期待していたりする。



さて、お次はありそうでなかったフルポーザブルのバトル・ドロイド。
限定版やリパック版ではEPⅡ版のバトルドロイド(レッド)がリリースされていたが、EPI版のカラーの単体発売は恐らく初ではないかと。
たくさん揃えたいところではあるが、輸入版は割高なのでなかなか難しいところ。



最後はビーグル(?)。ターゲット限定版トーントーン。
左の角が折れているところから察してルーク版か。
以前公開されていた画像ではハン・ソロのフィギュアが付属していたようだが、パッケにはハン・ソロの影すら映っていない。
もしかしてハン・ソロ版は通常販売、ルーク版は限定販売とか?

ランカー、デューパックとトーントーンがリリースされたところで、そろそろワンパも新造型で出して欲しいのだが、、、。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 10
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(08/16)
無題(返信済)
(08/15)
無題(返信済)
(08/15)
無題(返信済)
(08/15)
無題(返信済)
(08/14)
忍者ブログ [PR]