忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[726]  [725]  [724]  [723]  [722]  [721]  [720]  [719]  [718]  [717]  [716


前回の更新で力尽きた管理人。
新作フィギュアの紹介とカスタムを別ネタにすれば2回分稼げたのだろうが、思いついたが吉日とばかり、開封後すぐにカスタムに走ってしまったのが敗因か。

さて、そんなワケで本日は、新作の続きを期待している方々にはちょっと肩透かしみたいで申し訳ないのだが、昨年リリースされた米ハズブロ社のSWBF、ザ・ヴィンテージ・コレクションからストームトルーパーを紹介。



ストームトルーパーも既にいくつ購入したか覚えていないほどだが、ダース・ヴェイダーと違って、いくつあっても困らないのが利点。



今回購入したストームトルーパーは、股関節をヒンジにしたスーパーポーザブル版。
しかし、既にサンドトルーパーで同じ試みがなされており、しかもそちらの方が先にリリースされいたこともあり、

肩パットとったら同じじゃん。

という身も蓋もない理由で購入を見送っていた商品である。



もともと、ストームトルーパーは素立ちでヴェイダーの後ろに並べたかっただけなのだが、なぜかハズブロ社はなかなか素立ちのフィギュアをリリースせず、結局フルポーザブルがウリのヴィンテージスタイルになってやっとその夢が実現したという、ワケのわからない事態に。

だから正直言って他のフィギュアと異なり、

可動が増えてもあまり嬉しくない。

…というのが本音。



しかし、ストームトルーパー系のフィギュアには実は致命的な欠点がある。

開封して数年経つと、プラスチックがだんだん黄ばんでくるのだ。

未開封の状態で保存するならいざ知らず、管理人のような開封派には頭の痛い問題。

帝国の白い悪魔が、古い下着のように黄色くては様にならない。

臭ってきそうである。

結局、定期的に買い替えなければならなくなるのだ。



さて、フィギュアは前述のとおり、股関節がヒンジになっている以外は、以前リリースされたストームトルーパーと同じで、リデコといっていいだろう。

プロポーション、造型は良好。カラーリングはほとんど白一色なので、可も不可もない。
ペイントはヘルメットの目の部分がちょっと雑な感じか。

アクセサリーとしてブラスターと、



ライフルが付属。
ブラスターは、左腰のホルスターに収める…というかムリヤリ突っ込むことはできるが、あまり恰好良く収まらないのが難点。



ヘルメットも着脱可能。
以前リリースされたフィギュアに比べ、素顔の傷跡のペイントは省略されている。
みんな同じ傷があったら不自然だからだろうか。

んで、プチカスタム。



文句もいいつつ、購入した理由は実はコレ。
ハン・ソロの頭と挿げ替えてデス・スター・エスケイプ版に。



中身がハンなら話は別。ガシガシ動かした状態で飾りたいものである。




なんか、フィギュア紹介の趣旨と異なるような気もするが、まぁこのブログはこんなもんです。



次回はまた、新作フィギュアの紹介に戻る予定。
今回がストームトルーパーだから、多分、アノ人かな…。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 10
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(08/16)
無題(返信済)
(08/15)
無題(返信済)
(08/15)
無題(返信済)
(08/15)
無題(返信済)
(08/14)
忍者ブログ [PR]