忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528


突然だが、数日前から管理人のパソコンのデスクトップの壁紙は、なぜか

女性用の下着の広告になっている。

どうやら管理人のカードで買えというヨメからのメッセージらしい。

黙殺っ!!!!!!!!!!!!

そんなワケで本日は前回に引き続き、SWBFからルーク・スカイウォーカー(ベスピン)。
なぜか、ヴィンテージ・スタイルで2度目のフィギュア化である。



フィギュアはリパックでもリデコでもなく、全て新規造り起こし。



特筆すべきは股関節がヘンジに変更されている点で、これでポージングの幅がかなり広くなった。



造型、プロポーション、ペイント、可動いずれも良好。



以前公開されたオフィシャル画像や、海外でのレビュー・サイトの画像、そして今回自分で写した画像を見て気になったのだが、写真で見ると目線が上向きに見えるが、実際のフィギュアを肉眼で見る限り、普通に正面を見ている
光の加減による錯覚なのだろうか?



アクセサリーとして、ライトセーバー、ライトセーバーの柄、ブラスターが付属。ライトセーバーの柄は腰のベルトのホールに、ブラスターはホルスターに収めることが可能。
なぜか、光刃を出したままのライトセーバーにも、ベルトに装着するための突起がある。



当然、ブラスターは手に持つことも可能だが、いかんせん、トリガーの穴が小さくて、指が入んない。



ライトセーバーの両手持ちも可能。



右は、以前のヴィンテージ・スタイル版ベスピン・ルーク(プチ・カスタム)。
並べて比較すると新しいフィギュアの方がプロポーションがより自然になっているのがわかる。
人気の高いコスチュームだけに、ファンの要望に応える形で敢えて造り直した、ということなのだろうか。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]