忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[540]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530


本日は、今回購入したSWBF、ヴィンテージ・コレクションから最後の1体となる、ダース・ヴェイダー。

コレクションを始めてから、いったい今までどれくらいの数のヴェイダー卿を購入しいてることやら。

ヴェイダーだけで1個師団くらい編成できそうなほどだ。

そういえば、SWフィギュアにおける日本の代理店であるところのタカラトミー社がやっと動き出した模様。
以前小耳にはさんだとおり、今後は主要キャラのみをチョイスして扱うとのこと。脇役キャラ萌えの管理人としてはやや寂しいが、仕方ないと言えば仕方のないし、妥当といえば妥当なところか。



さて、フィギュアは今までさんざっぱら再販を繰り返してきた、エボ版ダース・ヴェイダーの今更ながらのリデコ。



リデコといっても外観上は特筆するような変更点はない。



もともと、かなり完成されたフィギュアだったので、今後大きな変更があるとすれば可動部が増える事くらいしか思いつかない。



この角度から撮影すると何気に背中に哀愁が漂う。



で、今回の目玉は何といっても頭部の造型。



ヘルメットとマスクの着脱はTLC版のヴェイダーと同じだが、



今回は更に首のパーツまで取り外し可能な3ピース構造。
全部取り外すと旧三部作版ヴェイダーの素顔がはっきりと拝めるようになっている。

この状態だとすぐに死んじゃうんだけどね。

ちなみにヴェイダーのスーツ・アクターは旧3部作を通じてデビッド・プラウズが演じているが、アイルランド訛りの強い彼の変わりジェームズ・アール・ジョーンズがアフレコを担当。
映画EPⅥ“ジェダイの帰還”で素顔のヴェイダーを演じたのはセバスチャン・ショウである。

映画EPⅢ“シスの復讐”でヘイデン・クリステンセンもヴェイダー・コスチュームを着用しているが、188センチの長身のクリステンセンよりもブラウスの方が更に10センチほど背が高いので、整合性のためにシークレット・ブーツを履いて撮影に臨んだとか。



ヴェイダーの十八番、フォース・グリップのポーズ。
サイボーグだからフォース・ライトニングは放てないし、受けることもできない。
映画EPⅥ“ジェダイの帰還”では、皇帝のフォース・ライトニングをしこたま浴びて、生命維持装置の制御盤が破損してしまい死に至った。


よって死因は事故死



アクセサリーとしてシスの象徴、深紅の光刃のライト・セーバーが付属。



当然両手持ちも可能。
生身の頃のようにアクロバチックな動きはできないものの、サイボーグ手術によって強化された腕力は決して侮れない。



毎度おなじみのストーム・トルーパーと。

いつもの事ながら、ついでとばかりに購入してしまった次第。
チューバッカと同じく、いつでもどこでも同じ格好で変わり映えしないキャラクターなので、毎回解説に困るフィギュアである。
エピソードにはこと欠かないキャラクターであることもあるので雑話でお茶を濁すのもまたいつものことか。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
首のパーツの取り方がわかりません教えて頂けますか?
あゆむ 2017/02/21(Tue)23:04:31 編集
Re:無題
あゆむさん、こんばんは。

>首のパーツの取り方がわかりません教えて頂けますか?

首ごと引っこ抜いて、アゴの方から抜けばOKです。
【2017/02/22 00:26】
無題
ばんさん

ありがとうございます!素顔が拝めました!
あゆむ 2017/02/22(Wed)13:38:01 編集
Re:無題

お役に立てて幸いです。(。-`ω-)b
【2017/02/22 16:45】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]