忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[763]  [762]  [761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756]  [755]  [754]  [753


今回もパッケ画像なし。

本日は前回に引き続き、米ハズブロ社、SDCC限定 S.H.I.E.L.D. スーパー・ヘルキャリアー付属のマリア・ヒルを紹介。



マリア・ヒルは、マーベル・コミックの世界のおける秘密組織S.H.I.E.L.D. のエージェントで、指揮官のひとり。

原作コミックのミニシリーズ、“シークレットウォー”において、ラトベリアでの非公式の任務によって事実上長官の座を追われ、国際的な指名手配犯として懸賞金がかけられたニック・フューリーの代わりとして合衆国大統領からS.H.I.E.L.D.長官に任命される。


S.H.I.E.L.D.内の階級に照らし合わせても、比較的新参者であったマリア・ヒルが長官になるのは不可解であったが、後にそこにはニック・フューリーに忠実な者たちを重要な職から遠ざけ、スーパーヒーローコミュニティとの関わりを最小限にしようとする国連との合意形成があったことが明らかになる。



大統領は合衆国民であるヒルに対し、S.H.I.E.L.D.は国連に公認された組織だが、まずアメリカ合衆国に忠実であることを求める。
合衆国超人登録法可決と、それに伴うスーパーヒーロー達の葛藤を描いたコミック・シリーズ“シビルウォー”では、S.H.I.E.L.D.が諜報員として任務を遂行し、登録に従ったスーパーヒーローの味方をした為、スーパーヒーローコミュニティとの間にさらなる政治的・倫理的な軋轢が生じることとなった。



紛争の終結に際し、ヒルは自分が予め失敗することを意図して長官に任命されていたと結論付け、自身は長官代理となり後任としてトニー・スタークを長官に指名する。

…いや、それはちょっとミスキャストだろ。



フィギュアは前回紹介したキャップ同様、海外オークションで落札、入手したもの。

…確か当初の販促画像ではスーツは紺だったような気がするが…。



スーパー・ヘルキャリアーのデザインは恐らく映画準拠なのだが、キャップはコミック版、マリア・ヒルのスーツはオリジナルと、ちょっと整合性に欠けるような。
個人的には、以前紹介したことのある、コミック版のニック・フューリーや、S.H.I.E.L.D.ソルジャーと並べて飾りたかったのだが…。



さて、フィギュアの素体は、これまた以前紹介した映画版ブラック・ウィドウのリデコとなっている。



ショートカットなので、頭も小さくて見えて、プロポーションは良好。
造型も比較的良くできた部類。



カラーリング、ペイントも特に問題なし。
肩にはしっかりとS.H.I.E.L.D.のエンブレムがプリント。



可動はブラック・ウィドウと同じ。
胴部に可動がない点を除けば、ほぼフルポーザブル。



欠点は、左手の形状がイマイチ中途半端なため、左手に銃を握るとしっくりこない。
これは基となった素体も同じであったが、どうせなら改善してほしかった。



アクセサリーとして二挺拳銃が付属。拳銃は腰のホルスターに収納可能。



同じハズブロ社の6インチ版マリア・ヒルに比べると格段に美人になっている。



いつも不思議なのだが、なぜ小さい方がデキがいいのだろうか。



ブラック・ウィドウと。
頭部と前腕以外は全く同じ素体である。

素体の流用で唯一気になるのが、公式設定ではこの二人はスリー・サイズがおな(以下略

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
4 5 6 7
8 9 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(10/19)
無題(返信済)
(10/15)
無題(返信済)
(10/14)
無題(返信済)
(10/14)
無題(返信済)
(10/13)
忍者ブログ [PR]