忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[633]  [632]  [631]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624]  [623




長々と変則的な紹介記事で引っ張ってきたが、やっとひと区切り。

本日は、米ハズブロ社メイル・アウェイ限定、ニック・フューリー。
前回紹介したマーベル・コミックの秘密組織S.H.I.E.L.D.(シールド)の長官。



メイル・アウェイとは、メール(手紙)で申し込んだ人だけが購入できるという販売方法で、一種の限定品。
リアルタイムでの購入は逃してしまったが、日本では入手が難しいため、後から海外オークションで購入してしまった次第。
はじめての海外オークションのチャレンジだったため勝手がわからず、かなり戸惑ったが、規定の期間をかなり超過してからやっと手元に届いた。



以来、何度か活用している内に、随分とアメリカン・ペースに慣れてしまい、逆に日本のオークションが性急に感じられるほど。



ニコラス・ジョセフ・フューリーは、第二次世界大戦で活躍した架空のエリート米軍部隊の隊員であり、スタン・リーとジャック・カービンにより考案されたキャラクター。
当初は大佐の肩書を持っていたが、ファンタスティック・フォーでは現代で活躍するCIAのエージェントとして登場、次いで架空の軍事諜報組織S.H.I.E.L.D.のエージェントという設定になり、以後は専ら同組織の長官として登場する。



過去のコミック・シリーズとの整合性を保つため、インフィニティ・フォーミュラという架空の血清によって老化を抑えているという設定により、数十年にわたって若々しい姿を保つこととなった。



第二次世界大戦中はキャプテン・アメリカやウルヴァリンとらと行動を共にしていたこともある。

ちなみにインフィニティ・フォーミュラの被験者は、薬効が切れると即死してしまうため、年に1回必ず摂取しなくてはならない。



さて、フィギュアは前回紹介したシールド・エージェントと同じ素体。
頭部はリデコであるが、古今を通じてニックのトレードマークと言えば左目の眼帯と葉巻。
残念ながらアメリカの玩具の表現規制は日本に比べてかなり厳しく、葉巻はオミット。しかし、原型段階の名残りか、造型師の執念か、ファンサービスか、口元はあたかも葉巻を咥えているかのような形状になっている。



アクセサリーとして、シールド・エージェント同様のアサルト・ライフルと拳銃が付属。



また、ニックと言えば、シールドの技術部門が開発したフライング・ユニット。

血清により不老長寿を得たとはいえ、基本的には一般人なので、ジェームス・ボンドのように最先端技術による秘密兵器を使用して活躍する。



まあ、相手はスーパーヒーローやらスーパーヴィランだから、それくらいしないと渡り合えないだろう。



フライング・ユニットはやや面倒臭いが、労を惜しまなければ着脱可能。ちなみにパッケージングのデフォ状態では装備されたまま収納されている。



カッコ良く飛んでいる状態を表現したいが、アーム付きの台座がないので中途半端な感じ。



別にスキップしているワケではない。



最近のコミック・シリーズでは、ニック・フューリーと言えば、サミュエル・L・ジャクソン似の黒人で描かれることが多いが、コレはマーベル・コミクの世界観の現代風焼き直しである、アルティメット・マーベル版での設定。その結果、近年のマーベルコミックの映画化に際して、実際にサミュエル・L・ジャクソンがニック役に起用されることとなった。



他にも、モノモノしい重火器や、



ハイテクっぽいが、なんとなくチープな兵器も付属している。



盟友たるキャプテン・アメリカと。

アイアンマン2のフィギュアでリリースされたニックも決して悪くないが、コミック版のフィギュアも十分カッコ良い。
設定上は元々コワモテの軍人だが、サミュエル・L・ジャクソン版は、それこそヴィランか犯罪者にしか見えない気もする…。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 10
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(08/19)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
忍者ブログ [PR]