忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[623]  [622]  [621]  [620]  [619]  [618]  [617]  [616]  [615]  [614]  [613


故合って週末は会社に泊まり込み。
仮眠室ではイビキがうるさいという理由で迫害され隔離。
一夜明けて朝日を浴びた瞬間、

8年目のセミの気持ちがよくわかった。

本日は、前回に引き続き、米ハズブロ社、マーベル・ユニバース・シリーズ3からケーブルを紹介。



ケーブルの本名は、ネイサン・クリストファー・チャールズ・サマーズ、もしくはネイサン・ディスプリング・アスカニサン。

ん?サマーズ?と聞いてピンときたあなたは鋭い。
ケーブルは、前回紹介したサイクロプスことスコット・サマーズと血縁関係にある。

父親?叔父?

…いえいえ、答えは息子



えええ?見るからにオヤヂじゃん?!

と、驚いたあなたは正しい。

実は彼は未来からやってきたのだ。



話せば長くなるのだが、ケーブルはサイクロプスとマデリーン(ジーン・グレイのクローン)の間にできた子供であり、ミュータントによる世界支配を企むヴィラン、アポカリプスに拉致され、全身を金属の機械に蝕まれるオーガニック・テクノ・ウィルスに感染させられてしまう。



現代の医療技術では治療不可能な病に冒されたたケーブルは、39世紀の未来に送り込まれるのだが、未来世界は既にアポカリプスに支配されており、さらに治療のために造り出されたケーブル自身のクローンが、またもやアポカリプスに連れ去られ、アポカリプスの養子、ストライフとして育てられてしまう。



ケーブルは未来世界でアポカリプスやストライフと戦い続けるうちに、いつの間にやら父であるサイクロプスより年をとってしまったが、全然決着がつかないため、業を煮やして、まだ世界を支配していない頃のアポカリプスを斃すために過去に遡り、現代のX-メン達と共闘する。



…いつもながら客観的に見るとムチャクチャなストーリーだな。

さて、ケーブルのフィギュアは、今は亡き米トイビズ社のマーベル・レジェンズでも一度フィギュア化されてはいるが、管理人は所持しておらず、3.75インチがケーブル・デビュー。



マーベル・ユニバース発売当初の、オモチャオモチャしていた造型から格段に進歩しており、6インチにも引けをとらないデキになっている。



造型、プロポーション、カラーリング、ペイントいずれも良好。
オヤヂキャラの渋さが光っている。



アクセサリーとして、名称はわからないが、大小の銃器と、



スピア(槍)が付属。



ケーブル自身は、サイクロプスとマデリーン(及びそのオリジナルであるジーン)の力を受け継いでおり、左目からオプティック・ブラストを放ち、テレパシーとサイコキネシスの能力を持つが、そのほとんどの能力を前述のオーガニック・テクノ・ウィルスの進行を抑えるために費やしているため、危急の際を除いては専ら銃器によって戦っている。



そして、よくわからないがオプションとして付け替え用の胸あてに正体不明の赤ん坊が。

子連れ狼ですかっ?!



父親であるサイクロプスと。

アポカリプスとの一戦で、サイクが死んでしまったため、ケーブルはX-メンに残留することになってしまったらしい。

とばっちりだな。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 18 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
(07/17)
忍者ブログ [PR]