忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[678]  [677]  [676]  [675]  [674]  [673]  [672]  [671]  [670]  [669]  [668
ダニー.Y様のブログと相互リンクを貼っていただけることになりました。
スポーンやSWBFが中心にコレクトされているようで、趣味だけでなく、色々と管理人に近いニホヒがします(笑






気がつけば秋。
天高くヨメ肥ゆる秋。

秋なのに夏に開催されたサン・ディエゴ・コミコン限定のフィギュアを紹介してしまう。兵どもが夢の跡。

まるで、真夏のサンタクロースのような、タイミングと季節を逸した記事である。

だがしかし、管理人は全く気にしないので皆さんもスルーしてください。



そんなワケで本日は、米ハズブロ社、SDCC限定、インディアナ・ジョーンズ・ベーシック・フィギュア、ロスト・ウェブ・ボックスセットから主人公インディ。

本来は通常販売されるハズだったが、いわゆる大人の事情でキャンセルされた幻のウェブ。
ファンの強い要望により(?)SDCC限定版としてリリースされた模様。

フィギュアがロスト・アーク(失われた聖櫃)のものだけに、ロスト・ウェブと引っかけたのが地味に笑えるツボ。

大人の事情は全く笑えないが。



実はこのセット、映画の知名度が日本でもが高いせいか人気商品ということもあり、アメトイショップさんでは思いの外に高額で売られていた。
さすがにちょっと腰が引けてしまい、それならいっそのこと、以前からちょくちょく利用している海外オークションを通じて取り寄せた次第。

結果として、

ボックスがやたらと大きく

更に出品者様がアメリカ人らしからぬ几帳面さを発揮して、

非常に丁寧に梱包した上で発送してくれたため、

莫大な送料がかかり、

日本で買ってもあまり変わらなかった。



さてさて、フィギュアは既に何度となくリリースされている主人公インディ・ジョーンズで見てくれは特に変わり映えはしていない。
以前発売されたフィギュアに比べ、頭部の造型はかなりマシになっているが、これは比較的デキのよかった魔宮の伝説版のインディの頭部を流用している模様。



アクションを前提としているせいか、プロポーションがやや独特で、素で立たせると違和感を感じる。



可動部は標準的なフルポーザブルタイプで、カラーリング及びペイントは良好。



アクセサリーとして、やはり魔級の伝説版で他のフィギュアに付属していた松明と、



リボルバー。
プロポーションを重視してか、腰のホルスターは単なるお飾りなので、銃を収納することはできない仕様となっている。
サドルバックと巻いた形状のムチは脱着が可能。



他に定番アイテムともいえる豊穣の神を象った偶像と、トラップ除けの砂袋が付属しているが、全体的に目新しさはなく、主人公キャラなのでとりあえずセットに入れてみました感がヒシヒシと伝わるもの哀しさ…。



以前リリースされたインディのフィギュアと。
前述したとおり、顔の造型は今回のロスト・ウェブ版の方がハリソン・フォードに似ているが、その外は特に進歩の形跡が見られないのが残念。

今回の購入の狙いは、セットに含まれる他の脇役フィギュアだったので特に期待はしていなかったものの、もう少し頑張ってくれても良かったのではないだろうか。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
(07/17)
忍者ブログ [PR]