忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[673]  [672]  [671]  [670]  [669]  [668]  [667]  [666]  [665]  [664]  [663


本日は、米ネカ社、ターミネーター・コレクション・シリーズ2から、T-800(ポリス・ステーション・アサルト)。

映画1作目で、保護されたサラ・コナーを追って警察署に乗り込んだ際のT-800をフィギュア化。



その前の戦いでサラとカイルの激しい抵抗に合い、衣服と頭髪が焼け焦げ、左目周辺の人口皮膚が損傷したため、パンクルックから革ジャンスタイルに衣替えしている。



剥き出しになった機械の左目を隠すために、ガーゴイルズ製のサングラスを着用しているが、黒の革ジャンにサングラスという以後のターミネーターの定番ルックともいえるスタイルが誕生した歴史的瞬間でもある。



画像では分かりにくいが、何気に所々血ノリのついた弾痕がモールドされており、相変わらず芸の細かさを見せてくれる。



さて、フィギュアは、お馴染みの流用素体。
下半身と胴体の中身は、以前紹介したテクノワール版と同じものを使用。
頭部及び革ジャン、腕の部分は新造型となっている。



アクセサリーとして、AR-18(アサルトライフル)と、



スパス12(ショットガン)が付属。



いずれも普通の人間には片腕で扱うことは不可能。
しかも、ストック(銃床)を折りたたんだ状態で撃つとなると、あまりの反動の大きさに銃を保持することすら覚束ないとか。



それを片手に一丁ずつ、楽々と振り回し、しかも的確に標的を撃ち抜く姿は、まさに殺人マシーン。ターミネーターの面目躍如といったところか。



欠点と言えば、銃身が長すぎて、銃を構えた格好でデジカメのファインダー内に納めるのが難しいところ。
映画のように肩に担げればいいのだが、肘の可動域は相変わらず小さく、直角に曲げることすらできないのが残念。



テクノワール版の銃器も流用可能。
むしろこちらの方が画面に納まって写しやすい感じ。



しかも結構様になる。



DVDのジャケに使われている、上半身裸の上に革ジャンを羽織ったバージョンも是非フィギュア化して欲しいものである。



サングラスを外した状態の頭部も付属。
これはこれでなかなかいい感じ。顔もシュワちゃんに良く似ている。



同時に発売されたテクノワール版のダメージバージョンも欲しいのだが、現在品切れ状態だったので未購入。いずれ購入したら改めて紹介する予定。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 18 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
(07/17)
忍者ブログ [PR]