忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[672]  [671]  [670]  [669]  [668]  [667]  [666]  [665]  [664]  [663]  [662


ジョー・ジョンストン監督、クリス・エバンス主演の映画『キャプテンアメリカ~ザ・ファースト・アベンジャー』本日観賞。

ヒットを記録したものの、全米興行収入では残念ながら同じマーベル映画“THOR”に一歩及ばず、関係者の間では世界的な興行収入は苦戦を予想されていたが、フタを開けてみたら実は世界興行収入の方が全米興行収入を上回っていたという意外な結果に。

しかも、アメリカアレルギーの諸外国に対しては、タイトルとサブタイトルを入れ替えての公開を提案したところ、結局のロシア、ウクライナ、韓国の3国以外は原題のまま公開。
監督が繰り返し主張していた「アメリカンなのはタイトルだけ」というアピールが裏付けられることとなった。

以前から是非観たいと、というか、観るまで死ねない

と思っていた映画だけに、感無量。

想定外なのはなぜかヨメが同伴したことであるが。

マーベル映画なんぞ、観た事もないくせに半分イヤがらせでついてきやがったが、途中寝ることも3D酔いすることもなく最後まで観賞したうえに、帰りにはエンドロールで流れていたテーマソングを口ずさんでいた。しかも昼飯を食いながら「途中で××じゃった、主人公の××ももしかして70年後に××するんでしょ?」と鋭いツッコミを入れていた。

お前、実は素人じゃねぇだろ?(汗

余談だが、いつも観に行く映画館では3Dは何故か吹き替え版しかやっておらず、今日は遠方まで脚を運んでの観賞となったが、ソーの時は逆(つまり、ソーの時は3Dは字幕版だけ)だったので、やはり「3D版は字幕が見にくい」ということなのだろうか。

さて、映画の感想としては、面白くはあったが、やはり来年公開予定の“アベンジャーズ”の序章としての印象が強く、単独映画としてはどうかというところ。

『正義一辺倒なヒーロー像は今となっては古臭く、深みに欠ける』という個人的には的外れなと思われる感想を耳に(目に?)したことがあるが、キャップはその古き良き時代のヒーロー像であり、それが21世紀の腐れた現代アメリカ(失礼!)に蘇ってしまったからこそ生じる葛藤こそがシリーズのイノベーションであり、キャップのアイデンティティーではないだろうか…とか偉そうなことを言ってみる。
そうした意味では確かにこの映画だけではキャップの魅力の半分も語り切れていないことになる。知らない人が観たら、的外れとも言える感想もいたしかたないところか。

オープニングにつながってゆく終盤の流れは、先がわかっているだけに物悲しく、アクションの盛り上がりに反して、気持ちは予め定められたレールの上をエンディングに向けて徐々にトーンダウン。
こうした『観せ方』が果たしてヒーローものの映画として正しいのかどうかはわからないが、原作コミックに準じた予定調和の世界ならではの物語なのだろう。

アメコミファンにとって面白い映画であることは間違いないが、アイアンマンとは異なり、単純に頭をカラッポにして観ることができる痛快な娯楽映画とはいえないところがこの映画の魅力であり、同時に欠点であるのかも知れない。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ヨメさんナイスですね~
ヨメさんとバンさんのボケとツッコミがなんとも絶妙なハーモニーをかもし出してます笑

ぼくは、残念ながらキャプテンアメリカなんてそっちのけで、猿の惑星を見に行きました。
アニといっしょに行ったのですが、アニは仕事の疲れからか開始早々熟睡・・・
それをいいことに、
「序盤にジョージモンキーと黄色い帽子のおじさんがゲストで出てたのに」
などとホラを吹いてやりました笑

それはそうと、最近、ダークナイトをDVDで借りて観たところ、大変感動しました。
同じマーベルとしてキャプテンアメリカも機会があれば観ようと思います^^
ショウカ 2011/10/19(Wed)00:36:03 編集
Re:無題
ショウカさん、こんばんは。

>ヨメさんナイスですね~

ナイスというかなんというか(汗
女性の理不尽な直観て怖いですよね。

>ぼくは、残念ながらキャプテンアメリカなんてそっちのけで、
>猿の惑星を見に行きました。

猿の惑星もいいですね。私も是非観たいと思ってます…独りで。

>「序盤にジョージモンキーと黄色い帽子のおじさんがゲストで出てたのに」
>などとホラを吹いてやりました笑

分かる人にしか分からないネタですね(爆
ひとまねをしているうちに進化したしたのか、はたまたモノリスに触れたのか…。

>それはそうと、最近、ダークナイトをDVDで借りて観たところ、大変感動しました。
>同じマーベルとしてキャプテンアメリカも機会があれば観ようと思います^^

ちなみにバットマンはマーベルではなく、DCコミックですっ(笑
私もDCヒーローでは唯一バットマンが好きなのですが、原点はティム・バートン
監督のバットマンの方なんですよね~。
NYCCでアーカム・アサイラムのミスター・フリーズのフィギュアが遂に公開
されたんで、テンション上がりまくりです。
【2011/10/19 00:58】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]