忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[679]  [678]  [677]  [676]  [675]  [674]  [673]  [672]  [671]  [670]  [669


本日は前回に引き続き、米ハズブロ社のインディアナ・ジョーンズ・ベーシック・フィギュア、ロストウェブ・ボックス・セットからサティポを紹介。

サティポと聞いても大抵の方はピンと来ないと思うが、映画第1作目の冒頭、伝説のホヴィト像の洞窟へとインディを案内したペルー人ガイドの一人。
相棒のバーランカは、早々にインディを裏切ろうとして返り討ちに遭い、逃走してしまうが、最後は原住民の毒矢に倒れるという小悪党らしい末路を迎えている。



その後もサティポの方はインディにつき従うかに見せかけるが、最後の最後でインディを裏切り、黄金のホヴィト像を奪って逃げようと試みる。
しかし、不注意が災いして神殿にしかけられたブービー・トラップに引っかかり、串刺しとなって命を落とすハメになる。



今回このセットを購入したのは、実はこのサティポが一番の狙い。
やはり、インディ・ジョーンズと言えば一作目の冒頭のシーンであり、冒頭のシーンと言えばサティポである。
こうした脇役をしっかりフィギュア化してくれるあたりが、ハズブロ社の魅力だろう。

…もちろん売れるかどうかは別にしてだが。



さて、フィギュア自体はなかなか良くできた部類。
プロポーション、造型はまずまずで、顔はサティポ役を演じた俳優、アルフレッド・モリーナに良く似ている。
但し、劇中のユーモラスな雰囲気と異なり、やや怖い顔になっているため、なんとなく

モハメド・アリのような印象を受ける。



カラーリング、ペイントに関しては、もともと小汚い風体なので、手抜きなのかワザと狙ってやっているのかは不明だが、それらしい雰囲気ではある。
可動に関しては、手首、足首がオミットされているものの、特に問題はないと思われる。
端的に言えばどうでもいいというのが本音か。



コマゴマとした雑貨品を持ち運ぶリュックサックは着脱可能。



ところどころ破れてボロボロ感が表現された上着のモールドが芸コマ。



アクセサリーとして、映画のワン・シーンにもあった背中に集(たか)る大蜘蛛の大群と、



松明が付属。
また、このセット共通のアクセサリーとして映画のロゴを象ったベースも付属している。



前回紹介したインディと。
やはり脇役キャラと並べると、主人公キャラが引き立つ。



単体ではなんということはないが、インディと並べることによって、その存在感が高まる、名脇役といえるフィギュアである。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こまかい!
こんなキャラいたんですね
しかしこのてのキャラをここまで造り込むとはハズブロ
おそるべし!!
ダニー.Y URL 2011/11/14(Mon)16:05:17 編集
Re:こまかい!
ダニー.Yさん、こんにちは。

早速リンク貼らせてもらいましたが…間違ってませんよね?(汗

>こんなキャラいたんですね

いたんですね(笑

>しかしこのてのキャラをここまで造り込むとはハズブロ
>おそるべし!!

SWBF(スター・ウォーズ・ベーシック・フィギュア)でもいますよね、
ラインナップに名前が載っても“?”っていうキャラ。
検索サイトで名前から探して、画像引き当てても更に“??”だったり(笑

毎度のことながら、ハズブロ社はどこまでがウケ狙いなのかわかりません。
【2011/11/14 20:28】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(06/26)
無題(返信済)
(06/26)
無題(返信済)
(06/25)
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
忍者ブログ [PR]