忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262


本日は、マーベルトイズ社のLCBHシリーズ第1弾から、ジャッジ・ドレッド。
先日、コナンをアップした際に、「まだ手配していない」と書いたが、その後、いくつかのショップさんに問い合わせたところ、某店で「今日入荷しましたよ~。」と連絡を受けたので早速購入した次第。

ジャッジ・ドレッドは英国産コミックだから、厳密にはアメコミではないが、95年にシルベスター・スタローン主演で実写映画化もされているのでアメコミファンでなくとも名前だけは知っている方もいるかもしれない。
核戦争により荒廃した未来の地球で、人々はメガシティと呼ばれる大都市で生活していたが、人口過密により犯罪が多発したためジャッジ・システムという治安維持制度が誕生する。ジャッジ・システムとはジャッジと呼ばれるエリート達が、警察官と裁判官を兼ね、自らの判断で刑を執行するという治安システムであり、その選ばれたジャッジの中でも最も厳格で、犯罪者達から恐れられている男がジャッジ・ドレッドなのである。
キメセリフは“I am the low.(オレが法律だっ)”。


JUDGE DREDD

フィギュアはよくできており、ヘルメットは固定だが、下から素顔が覗けるようになっていて、よく見ると目までちゃんと彩色してある。なんとなくスタローンに見えないこともない。
可動は当然ML並に確保されているが、首の前後の可動が襟にジャマされて殺されているのが残念。
当初公開されていた画像に比べるとバイザーの色使いが違うのだが、コミックで描かれているバイザーのカミナリ状の模様は、もしかして光の反射なのだろうか?

さて、現在のところ、このシリーズのお値段はハピネット時代のMLに比べてかなり割高だが、そのうちにどこか代理店ができるだろうと希望的観測をしている。
なんてったって、イメージコミックとダークホースが名を連ねてるんだから、これからバンバン人気キャラクターがフィギュア化されるに違いない。スポーンのキャラクターがフルポーザブルでフィギュア化なんかされたら、これあなた、えらいことですよ。
でも個人的には、次はフラゼッタの“デス・ディーラー”あたりをお願いしたい。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]