忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492


本日は、SWBF、レガシー・コレクションからザッカス。
ちょっと早めに入手できたので、紹介も早めという事で。

ザッカスは映画EPⅤ“帝国の逆襲”に登場した、ギャンド族の“捜索師”にしてバウンティ・ハンター。ホスから脱出したミレニアム・ファルコンを探すためにダース・ヴェイダーに雇われた賞金稼ぎのひとりである。
バウンティ・ハンター達は映画ではワン・シーンしか登場しないが、一癖も二癖もありそうな容貌の故か、いずれも人気が高い。
単体ではさほどでもないのだが、こうした端役までキッチリとフィギュア化してしまうので、ついつい際限なく集めたい!と思わされてしまうのがSWBFシリーズの魔力である。

このザッカスはオールド・ケナーの時代のヴィンテージ版では4-LOMと名前を取り違えて販売された経緯がある。
しかし映画制作当初に、設定はもちろんのこと、正式な名前すらあったかどうかも怪しいので、今にして思えば、いた仕方ないところなのか。



フィギュアはPOTF(1998年)以来、実に12年振りの新造型。
ヴィンテージから数えて3度目だが、造型、ペイント、可動とも当然のごとく格段に進化している。
特に可動にいたっては標準的なフルポーザブル・タイプに昇格されており、映画でワン・シーンしか登場していない上、ほとんど微動だにしなかったキャラクターを一体どのようにポージングさせろと言うのか、本気で悩んでしまう。



しかし、こうして自然に両手で武器を保持して立たせることができるだけで感激。



ちなみに、POTF版のフィギュアでは技術的な問題のせいか、映画に登場したデザインと異なり、顔から伸びたチューブが途中で切れているのに対し、今回のTLC版では、ちゃんと背中のバックパックにまで繋がっている。
チューブは軟素材でできており、可動の妨げにはならないように配慮されている。



衣服の下半身は脚部の可動の自由度を活かすように布素材を使用しているが、パッケージの状態を見てもわかるように、そのままでは前が広がってあまり見栄えが良くないので、画像では梱包時に封入されていたクリアゴムを使って抑えてある。



右がPOTF版。今でこそ安く手に入るが、10年ほど前は滅茶苦茶高価なフィギュアだった(汗



相棒である、犯罪に走ったプロトコルドロイドの4-LOMと。
よく見ると、確かに顔がよく似ているので間違えられるのもむべなるかな。

さて、これでEPⅤに登場したバウンティ・ハンターのうち、フルポーザブル版がリリースされていないのはデンガーのみとなった。ウワサでは近い将来ヴィンテージスタイルで発売予定があるらしいので、今から非常に楽しみにしている。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(09/16)
無題(返信済)
(09/15)
無題(返信済)
(08/30)
無題(返信済)
(08/29)
無題(返信済)
(08/29)
忍者ブログ [PR]