忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488]  [487


毎年のことながら、年末にウヤムヤになった更新の続きという事で、本日はSWBF、エボリューションの『ザ・シス』セットからダース・モール。
映画EPⅠ“ファントム・メナス”に登場したダース・シディアスのアプレンティス第1号。



エボリューションの『ザ・シス』セットはROS(リヴェンジ・オブ・ザ・シス)シリーズで発売されたのだが、人気があったせいか、その後30周年記念シリーズでもリパックで再販されている。
今回購入したのはリパック版の方で、内容物に変更はないのだが、パッケージングが変わっており、ダース・モールに関して言えば、最初から軟素材のシス・ローブを着用した状態で入っている。



ローブを脱ぐとこんな感じ。
肘関節が山口式になっている他は、標準的なフルポーザブル・タイプ。



白い歯が健康的…シスだから不健全なハズだけど。
頭のツノはもっとシャープにして欲しいと思ったが、撮影のために首の角度を変えようとしたら、結構固くて手がイタかったので、考えを改めた。



着衣は黒一色ではなく、部分的にはフラットなダーク・グレイ。



ダース・モールはジェダイ・マスターのイース・コスやエージェン・コーラー同様、ザブラク族なのだが、全身に赤と黒の刺青を施してあるため、両者に比べて、とても同じ種族とは思えないほど凶悪な面構えになっている。あまりにもインパクトがありすぎたためか、シス・カラーと言えば赤×黒が定番になってしまったような感がある。



ダース・モールと言えば、やはり深紅のダブル・ブレイド・ライト・セーバー。
映画では剣というよりも棒術に近い使い方をしていた。
旧三部作に比べて、ライトセーバーの扱いが格段に派手になったが、ダース・モールを超える遣い手は、なかなかいなのではないかと。



しかし、歴史の陰に隠れていた割には、容姿といい、武器といい、ずいぶん派手な気がするのだが。



こんなのが歩いてたら100m先からでもシスってわかりそうな感じ。
あやしさ100%てんこ盛りだ。



例によってローブを流用。



流用元は、PM(ファントム・メナス)シリーズの、シス・スピーダー版ダース・モール。
シス・ローブには袂があるのでジェダイ・ローブとは仕立てが弱冠異なるようだ。
残念ながらエボ版のダース・モールはシス・スピーダーに乗せることができない。

エボリューション・セットには、アクセサリーとしてシス・プローブ・ドロイドとスキャナー(双眼鏡)が付属している。
こうした小物が充実しているのがエボリューションの嬉しいところ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(09/16)
無題(返信済)
(09/15)
無題(返信済)
(08/30)
無題(返信済)
(08/29)
無題(返信済)
(08/29)
忍者ブログ [PR]