忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[815]  [814]  [813]  [812]  [811]  [810]  [809]  [808]  [807]  [806]  [805


本日は米ハズブロ社、アベンジャーズ・アッセンブル シリーズ2からリーダー(ラディエイション・ロケット)を紹介。

リーダーは、主としてハルクに登場するヴィランのひとりで、本名はサミュエル・スターンズ。
ブルース・バナー(ハルク)の同級生で、落ちこぼれ。ブルース同様、ガンマ線を浴びて皮膚が緑化したが、ブルースは身体能力が増加したのに対し、サミュエルは知力が増大した。
その影響で、尋常ならざる知的欲求に取り憑かれ、知識を吸収するごとに頭部も肥大していった。



やがてアメリカ政府の汚職や腐敗に嫌気がさしたサミュエルは、自分こそ人類の頂点立ち、民衆を率いるべきリーダーたる存在にふさわしいという妄想を抱き、リーダーと名乗るヴィランとなる。



リーダーは、高い知能とマインドコントロールパワーを持っており、力ではなく知某策略を駆使して悪事を働く。
また、研究対象としてハルクに執着している。



ある意味、同じ出自でありながらも、ハルクの対極のような存在である。



映画『インクレディブル・ハルク』にも登場しており、サミュエルがアボミネーションに殴り倒された際、彼の頭部にブルースから採取した血が垂れ落ち、緑色に変色しながら頭が膨らんでいくシーンがある。
恐らくこれはサミュエルがリーダーに変異する伏線だと思われるが、今のところ映画続編の情報はない。



さて、フィギュアに関しては、以前同シリーズでリリースされたスクラルの素体を流用したものらしい。
管理人はスクラルは所持していないので比較のしようはないが、画像から推察する限り、頭部以外はリペのようである。



プロポーション及び造形は良好。
リーダーの頭部の造形は、初期の長い頭のタイプの方ではなくて一般的によく知られるハート型。



カラーリング及びペイントもほぼ成型色なので特に問題なし。



可動部に関しては、腰、両手首、両足首がオミット。まあ、頭脳派のヴィランなので、特に問題はないかと。



アクセサリーとして、フィギュアオリジナルの武器が付属してるが、いつものごとくスルー。

















ハルクと並べて比較。思いの外大きい?それとも単に頭の大きさのせい?



ハルクに登場する代表的なヴィラン3人で。アボミネーションアブソービングマンについてはいずれも紹介済み。
やはり、魅力的なヴィランあってのヒーローだけに、こうしてハルクのヴィランが増えていくのは非常に嬉しい。

ちなみに、今回のアベンジャーズ・アッセンブル シリーズで管理人が唯一購入しなかったのはニック・フューリーのみである。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]