忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[814]  [813]  [812]  [811]  [810]  [809]  [808]  [807]  [806]  [805]  [804


本日は、米ハズブロ社、アベンジャーズ・アッセンブル シリーズ2よりホークアイ(フェニックス・ボウ)を紹介。

映画『アベンジャーズ』第1作目でホークアイを演じたジェレミー・レナーは一時期2作目での降板の噂があったが、もしかしたら再登板になるかもしれない…とのこと。

全然関係ないけど、『キャプテンアメリカ2』にファルコンが登場するとは…最初見たときは、“これ、G.I.ジョーのパクリ?”とか思ってしまった。



キャラクターに関しては、以前、ジェレミー版コミック版で紹介済なので割愛。

本名はクリント・バートン。超人的な弓の腕前と、極限まで鍛え抜かれた身体能力と反射神経を有するが、それ以外は普通の人間に過ぎない。



さて、フィギュアに関しては、ジェレミー版のリデコ。
頭部の造形と、背中の矢筒の形状、全体のカラーリングが異なる程度。



プロポーション及び造形は良好。
顔がよりイケメン風になっているが、これはアニメ・シリーズを意識したのだろうか。

以前紹介した同シリーズのブラック・ウィドウも頭部がリデコされていたので、肖像権の問題なのかも知れない。



カラーリング及びペイントも問題なし。
よりホークアイのパーソナル・カラーであるパープルを意識したカラーリングになっている。



可動に関しては今ひとつ。
手首、胴、足首の可動部がオミットされている点がイタイ。
腕の可動域も狭く、弓を射るポージングが難しいのはちょっといただけない。
足首の可動がないので、自立時の安定も悪い。



アクセサリーとして矢を発射するギミックのついた弓が付属。
弓とミサイル発射装置は簡単にセパレートできるので、弓だけを持たせて撮影。





















ジェレミー版と並べて比較。



ブラック・ウィドウと。
可動に難はあるものの、造形は優れているので、ただ立っているだけでもそれなりにキマってしまう。

可動か造形かと問われれば迷わず造形を選んでしまう管理人としては、やはり避けて通れないフィギュアということで購入してしまったが、結構満足していたりする。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]