忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[563]  [562]  [561]  [560]  [559]  [558]  [557]  [556]  [555]  [554]  [552


やう゛ぁい。

思いの外カッコ良すぎ。

本日は、米ハズブロ社、アイアンマン2、ムービー・シリーズ2から、イワン“ウィップラッシュ”ヴァンコ。
ミッキー・ローク演じる、ロシアの犯罪者にして天才物理学者。



デフォルトで猫背。どんなにポージング決めても姿勢悪りぃ。
しかしそれが妙に様になってしまうのは、往年のセクシー俳優、ミッキー“ネコパンチ”ロークの為せる技か。



イワン・ヴァンコはロシアの物理学者で、パキスタンに非合法な軍事協力をしたことで逮捕され収監された前科の持ち主。
身体中の入れ墨は服役中に入れたもので、本人の犯罪歴や収監された刑務所を表しているとか。



イワンの父、アントン・ヴァンコは、かつてトニーの父、ハワード・スタークと共にアーク・リアクターの開発に携わっていた科学者であったが、不正行為により国外追放を受け、ロシアで失意の内に死亡。
スターク一族を恨むイワンは、父から受け継いだアーク・リアクターの技術により、簡易パワード・スーツを開発し、モナコ・グランプリの会場でトニーに襲いかかる。



ウィップ・ラッシュは、胸部のアーク・リアクターのリパルサー波をイオン・プラズマに通して直接放出する、電磁鞭「エレクトリカル・デス・ウィップ」により相手を攻撃する。

書いてて意味不明だけど。



背後から見ると、メチャクチャカッコイイ、

哀愁の漂う背中。



そもそも英語でWHIPLASHとは文字通り、ムチウチ症を指す。
ひと昔前まで、WHIPLASHでググるとこんなのばかりヒットしていたのだが、今はミッキー・ローク一色である。

そのうちに、英和辞典でもWHIPLASHと引けば、1.ミッキー・ローク。2.ムチウチ症。の順番で書かれるようになるかもしれない。
もう、ミッキー・ロークと言えばムチウチ症とイコールな感じだ。
そのうち日常でもきっと「イヤ~。昨日後ろからぶつけられてさ、ちょっとミッキー気味なんだよね。」とかいう会話がフツウに成立する時代がくるかもしれない。



アクセサリーとして、名前の由来となるウィップ(鞭)が付属。
ウチのヨメ曰く、「アリの巣の近くに1日放置したトカゲの死体」みたいだそうだ。
ちょうどテレビでそんな番組をやっていたらしい。



当のミッキー・ロークもこの役に当たり、エラい気合いが入っていて、ロシア語の個人授業を受けたり、実際に刑務所に入った経験のあるロシア人を呼び寄せるなどして役作りをしたり、ウィップラッシュの装備が重いので、スキューバダイビングのウェイトをつけてロードワークしたとかしなかったとか。



最後にアイアンマン・マークⅤと。
でも、よく考えてみたら、機能の劣る携帯用スーツくらいでなければ互角の勝負にならなかったかもね。
もし、序盤であっと言う間に負けてたら、そもそもその後のストーリーが続かなかったけど。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(09/16)
無題(返信済)
(09/15)
無題(返信済)
(08/30)
無題(返信済)
(08/29)
無題(返信済)
(08/29)
忍者ブログ [PR]