忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374


画像ちっちぇ~。…と思った方、迷わずクリックしてください。

ワンクリ詐欺ではありませんからご安心を…。

本日は、SWBF、30周年記念シリーズから、プレビュー誌限定バトルフロントⅡ、クローン・パック。
『バトルフロントⅡ』とは、SWの世界を舞台にした、“ほぼ”マルチ専用のビデオゲーム。
シングルプレイモードもあるが、敵がボット(AIで動く擬似プレイヤーキャラクター)になるだけで内容的にはマルチプレイと変わらない。

さて、そのゲーム販売とタイアップして米プレビュー誌限定版で販売されたのが、このセットで、クローンとドロイドの2種類がある。
ほとんどリペイントや、アクセサリーなどの細部が違うだけなので、スルーするつもりでいたが、1体だけどうしても欲しいフィギュアがあったので、ナイアガラの滝から飛び降りるつもりでクローン・セットのみ購入。



それが、コレ。
クローン・エンジニア。
銃後で武器や装備の修理や改良を行うクローン兵士の技術者らしい。
多分、映画には登場していない…と思う。

…でも、なんかちょっと違うような。

それもそのハズで、実はいつものように勝手に肩パットを流用してプチ・カスタマイズ。一度ムリしてはめこんでしまったら、今度はずすのが億劫になったので、そのまま撮影を強行してしまった次第。相変わらず怠惰でいい加減な管理人。

ルーカスアーツとハズブロ社にどんな取り決めがあるのかは知らないが、クローン・トルーパーの個体によってヘルメットの形状が異なるため、このヘルメットを被っているからといって、一概に全てエンジニアであるとは言えない。
エアボーン・トルーパーのリペで勝手にクローン・コマンダーにしてしまったりとか、節操の無さに関しては例を挙げたらきりがない。

さて、このトルーパーに関しては頭部が完全な新造型。
EPⅢのクローン・トルーパーとストーム・トルーパーの中間のようなデザインとなっている。やや〇ンダムっぽい感じがしないでもない。
手にしている武器はバトルドロイドのブラスター。敵の武器を研究する…といった設定だろうか。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
4 5 6 7
8 9 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(10/19)
無題(返信済)
(10/15)
無題(返信済)
(10/14)
無題(返信済)
(10/14)
無題(返信済)
(10/13)
忍者ブログ [PR]