忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205


本日はSWBFのOTC、Trasitional“POST”Figuresから、バブロ=ジル(ジオノーシス・アリーナ)。
このフィギュアを紹介するには、購入に到るまでのフクザツな経緯を語らなければなるまい。
まず、POTCとは何ぞ哉?というところから始めると、ポスト・オリジナル・トリロジー・コレクションの事で、2004年から展開されたOTCシリーズと、2005年に始まるROTS(リヴェンジ・オブ・ザ・シス)シリーズの中継ぎ的に存在したシリーズである。バックカードはOTCと同じデザインだが、ブリスター前面にOTCの文字が入っていない点で異なる。



さて、それではパブロ=ジルとは何者かと言うと、一見して悪役、というか、凶悪なモンスターのような外観だが、実はジオノーシスの戦いやクローン大戦でも活躍した(?)オングリー族のジェダイ・マスターである。
独立星系連合軍によるコルサント襲撃の際、グリーバス将軍にさらわれたパルパティーンを追って、アナキン達よりも一足早くグリーバスの旗艦、インヴィジブル・ハンドに乗り込んだものの、あっけなく敗れて宇宙空間に放り出されたらしい。合掌。
しかし、映画EPⅢ“シスの復讐”で、ホログラムの姿でジェダイ評議会の席についているのを発見。「えっ生きてるじゃん?もしかして設定ミス?」と思いきや、そちらは同じオングリー族でジェダイ評議員のコールマン・カジであることが判明。…見分けつかないので、勘弁願いたい。

結局何が言いたいかというと、折角なのでEPⅢのカウンシルのメンツをコンプしようかと思って、人(?)違いで買ってしまったフィギュアなワケだ。

さて、フィギュアのデキは、恐らく似てはいるのだろうが、あまりにも特徴的すぎて似てるとか似てないとか以前の問題のような気がしないでもない。公式設定では身長は1.6メートルらしいが、他のフィギュアと比べて、どう見ても2メートル近くある。
可動部に関してはあまり多くないが、ライトセーバーを両手持ちできる程度は確保されており、首もボールジョイントなので可動域は比較的広い。
カエルのような独特の形状の脚は立たせにくそうだが、一体成型のローブの裾が支えになるので、スタンドを使用しなくても容易に自立させることができる。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 10
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(08/19)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
忍者ブログ [PR]