忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[871]  [870]  [869]  [868]  [867]  [866]  [865]  [864]  [863]  [862]  [861


けいたさん、お待たせしました!

復活の狼煙、第1弾は、米ハズブロ社、マーベル・ユニバース シリーズ2から、ダーク・アベンジャーズのリーダー、アイアンパトリオットを紹介。

っと、その前に、拙ブログの常連コメンテーター、けいたさんのブログ、“けいた OF THE PARADISE ”に無断でリンク貼らせていただきました。

え?聞いてない?でも大丈夫、事後申告でギリギリセーフ。いや全然アウトだろそれ。



アイアン・パトリオットの中の人はノーマン・オズボーン(Norman Osborn)。
一般的にはスパイダーマンのコミック・シリーズに登場するヴィラン、グリーン・ゴブリンとしての方が有名。
生来の超人ではなく、科学の力で後天的にスパーパワーを得た人間である。



グリーンゴブリンとしてのノーマンはスパイダーマンの宿敵であり、初登場時は正体不明のヴィランだったが、その後、アメコミの十八番、後付け設定で名前や素性が明かされる。
ピーター・パーカー(スパイダーマンの中の人)が大学で知り合った、親友ハリー・オズボーンはノーマンの息子である。

サム・ライミ監督の旧3部作映画では個性派俳優、ウィリアム・ディ・フォーが演じていた。



ノーマンは大企業オズ・コープ社の社長であり、クビにしたメンデル・ストロム博士の残したメモを元に知力体力を格段に向上させる新薬を調合。
しかし、出来上がった緑色の液体は爆発し、その溶液を全身に浴びてしまったノーマンは脳に損傷を受ける(新薬の副作用で精神を病み、狂人グリーンゴブリンとしての人格を生み出してしまったとも)。



新たに得た能力と知力により、史上最強の犯罪者になれると確信した彼は、スパイダーマンさえ倒せば犯罪者たちの間で尊敬されると思い込み、同じく自社で開発した装備とコスチュームでヴィラン“グリーンゴブリン”として活動を始める。



グリーンゴブリンとしてピーター・パーカーの恋人グウェン・ステイシーを殺害。また、グウェンとの間に隠し子の双子までもうけ、ピーターの命を狙わせたこともある。
グウェン殺害の直後、スパイダーマンとの戦闘中にグライダーの操作を誤り、自らを串刺しにして死亡するが、後に復活を遂げる。



長年にわたる治療の甲斐もあって近年は精神異常は回復したかと思われていたが、精神的に追い詰められるとヴィランとしての人格が度々出現している。

ノーマン・オズボーンはクロス・オーバーのシヴィル・ウォー(Civil war)にて、ヒーロー登録法に背いた非合法ヒーロー達を捕らえる為、第二期サンダーボルツを率いていたこともある。

サンダーボルツのメンバーは元ヴィランらで組織され、殺人などの行為は許可されていないが、メンバー全員の体には命令に背けば後遺症の残るほどの電流が流れるチップが埋め込まれていた。



クロス・オーバーのシークレット・インベーション(Secret Invasion)ではデッドプールがニック・フューリーに届けるはずの情報を横取りし、地球侵略を試みた変幻自在のエイリアン、スクラル人の女王ヴェランケをまんまと殺害。

その活躍がTV報道され、一躍人気者となったことをきっかけに政府の信頼を得ることに成功。逆に失墜したトニー・スタークに代わってS.H.I.E.L.D.の長官に任命される。

ノーマン・オズボーンは権力を握るや否や、"S.H.I.E.L.D."を自分に忠実な者だけで再編成し、名称も"H.A.M.M.E.R."に改めた。
また、当時のアベンジャーズは超人登録法に従ったヒーローのみで結成されたマイティ・アベンジャーズであり、S.H.I.E.L.D.からの資金で運営されていたため、S.H.I.E.L.D.の実権を握ったオズボーンが事実上の統括責任者になった。

こうして彼に忠実なメンバーで結成されたのが、自らが扮したアイアンパトリオットの率いる新生アベンジャーズ、通称、ダーク・アベンジャーズである。

ダーク・アベンジャーズのメンバー構成は、それまでのアベンジャーズを踏襲しており、ヒーローのコードネームもそれに準じたものになってはいるものの、実際の中身にはノーマンに忠実な元ヴィランが多数含まれていることから、素性はあくまでも非公開となっている。

また、“ダーク”アベンジャーズという名称も他のアベンジャーズと区別するため読み手の視点で使われている単なる便宜上の呼称に過ぎず、ストーリーの上では普通に“アベンジャーズ”を名乗っており、世間一般にも認知されている。

ダーク・アベンジャーズのメンバーは次の8人。
----------------------------------------------------
○アイアンパトリオット…ノーマン・オズボーン(グリーンゴブリン)。
○ミス・マーベル…カーラ・ソフィン(ムーンストーン)。サンダーボルツより移籍。
○ホークアイ…本名不詳(ブルズアイ)。サンダーボルツより移籍。
○スパイダーマン…マック・ガーガン(スコーピオン。この時期は三代目ヴェノム)。サンダーボルツより移籍。
○ウルヴァリン…ダケン(ローガンの息子)
○セントリー…本人(ロバート・レイノルズ)。マイティ・アベンジャーズから残留。
○アレス…本人。マイティ・アベンジャーズから残留。
○キャプテン・マーベル…ノー・ヴァー。マーベル・ボーイより改名。結成直後、他のメンバーが悪人ばかりである事を知り、脱走により脱退。以後、已むなくマスクで顔を隠しプロテクターを名乗る。
----------------------------------------------------



さらにノーマンは自らの権益を拡大するため、秘密裏に地球上の各界を代表する人物ヴィランたちと結託し、自身とエマ・フロスト、ネイモア、ドクター・ドゥーム、フッド、ロキから成る新たな秘密組織カバルを結成。

しかし彼らはノーマンが懐柔し、ダーク・アベンジャーズに擁したセントリーの存在を恐れているだけであり、心の底からノーマンに従うはずもなく、自分の利益や思惑を隠し互いに陰謀や裏切りの機会を狙っていた。



ダーク・アベンジャーズ結成時、キャプテン・アメリカ(シンボル)とアイアンマン(騎士)的な存在がないことに不満を感じたノーマンは、壁を自在に通り抜ける能力を持つヴィラン、ゴーストを使って、アべンジャーズ・タワーにあるトニー・スタークの倉庫に侵入。
そこにあったトニーの試作型アーマーを勝手に自分用に設定して、アイアン・パトリオット(鋼鉄の愛国者)と名乗るヒーローとなる。



後に続くクロス・オーバー、シージ(Siege)にてロキの奸計により、アメリカのオクラホマ州に突如として出現した神々の国アスガードを進撃するも、セントリーが暴走。祖国アスガードを蹂躙されるのを見かねたロキの改心により、ヒーロー達の反撃の機会を与え敗北。
最後は企みがバレて、他のダーク・アベンジャーズのメンバーと一緒に逮捕・収監されてしまった。



さて、フィギュアに関しては、以前紹介したエクストリミス版アイアンマンと同じ素体を使用。
カラーリングに変更が施され、胸部の装飾が星型になっている。



なお、このフイギュアにはアンマスク版のバリアントがある。
画像では小さくてよくわからないが、そのパンチパーマのような特異な髪型は、コミック内外で度々ネタ扱いとなっているらしい。



マーベル・ユニバースが マーベル・インフィニティと名称を変え、軍神アレスがリリースされたのを機に、海外オクでダーク・アベンジャーズのメンバーをルーズで購入。

本当はキャプテン・マーベルも欲しいところなのだが、ホラ、あれは文字通り“やり逃げ”しちゃったから…。

既に以前紹介したキャラクターもあるが、今回から数回かけて各メンバーを紹介して行く予定。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Banさんこんばんは(о´∀`о)

お待ち申しておりました。


って(゜ロ゜;ノ)ノ

何時もながらではありますが今後もこのボリュームで残りの各メンバーを紹介していく積もりですか!Σ( ̄□ ̄;)?


お金とか取らないでしょうねぇ・・・(;´Д`)

けいた 2015/02/02(Mon)23:49:01 編集
Re:無題
けいたさん、こんばんは。

>お待ち申しておりました。

どもども大変遅くなって申し訳ないです。

>何時もながらではありますが今後もこのボリュームで
>残りの各メンバーを紹介していく積もりですか!

大丈夫!ほとんどどこかのウケウリかコピペです。
…何が大丈夫なんだか。

>お金とか取らないでしょうねぇ

逆に訴えられて取られることはある…かも…?
【2015/02/03 00:28】
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
3
5 9
17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(11/19)
無題(返信済)
(11/18)
(11/18)
無題(返信済)
(11/18)
無題(返信済)
(11/17)
忍者ブログ [PR]