忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568]  [567]  [566]  [565]  [564]  [563


米国では映画『アイアンマン3』が2013年3月3日公開を目途に制作発表されたとか。

映画3作目だから3並びっ?

ベタベタやね、ホンマ。

映画は元々三部作構想で、1作目の敵であったアイアンモンガーは実は2作目に登場する予定だったとか。
3作目の敵はいったい誰になるのだろうか?

そんなワケで、本日は、アイアンマン2、コミック・シリーズからウィップラッシュ(コミック版)。
コミック版だけに映画版とは異なるフォーマット。



映画版の垢ぬけないリアルチックな武骨デザインと異なり、コミック版は随分とスタイリッシュ。



造型、プロポーション、ペイントはいずれも良好。
可動は標準的な同シリーズのフィギュアと同じだが、設計時のミスか、肘関節があまり曲がらない。
このシリーズ、この手の不備が結構多いのね。



胸部と左足のアーマー及び、エレクトリカル・デス・ウィップは軟素材でできており、取り外し可能。



コミック版の髪型はなぜかポニーテール(笑)
映画でイワンを演じたミッキーロークも映画『ジョニー・ハンサム』でポニーテールだったのであまり違和感はないけど。



アーマーを外すとこんな感じ。
ムキムキマッチョ。
3.75インチサイズのフィギュアであまりこういうのってないような。



エレクトリカル・デス・ウィップは、ペンタブルではないので形は巻いたままの固定。



比較的肌の露出部分が多いのだが、こんなんで戦闘時は大丈夫なのだろうか。
男のハダカではファンサービスにもならないし。



映画版ウィップラッシュと。
露出が多い点は同じだが、やはりコミック版の方がアーマーとしての完成度は高い感じか。
もっとも、映画版も最終形態はかなりゴツイのだが…。
今週末にはいよいよアイアンマン2のDVDが発売されるので、今からテンションが上がっている管理人であった。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 18 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
(07/17)
忍者ブログ [PR]