忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[578]  [577]  [576]  [575]  [574]  [573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568


少し間が開いてしまいましたが、本日は前回に引き続き、SWBF、ザ・ビンテージ・コレクションからルーク・スカイウォーカー(ジェダイ・ナイト・アウトフィット)。
映画EPⅥ“ジェダイの帰還”で、父であるダース・ヴェイダーと対峙する決意を固め、ジェダイの衣装を纏ったルーク。



どちらかというと“ファイナル・デュエル”か、“デス・スターⅡ”バージョンといった感じで、個人的には、映画冒頭に登場した、ベストとマントを羽織った姿でフィギュア化して欲しかったのだが。



しかし、フィギュアのデキは上々で、造型、プロポーション、可動といずれも文句なしで既存のフィギュアよりも優れている。
毎回ビミョーだった顔の造型も、マーク・ハミルの特徴をとらえつつイケメン風に仕上げられており、主人公キャラの面目躍如といったところだろう。



特に可動部に至っては、股関節と手首関節にヒンジが導入されたことにより、ポージングの幅が飛躍的にアップしており、映画のクライマックス、親子対決を再現するにはもってこいとなっている。



ルークを演じたマーク・ハミルは欧米人にしては身長が低いため、忠実に再現しようとするとどうしてもプロポーションが悪くなってしまうのだが、今回は奇跡的なバランスの良さを見せている。



ダース・ヴェイダーのフィギュアと比較すると、これだけ身長差がある。
まさに大人と子供…って、親子だから当たり前か。



アクセサリーとして、光刃の出た状態のライト・セーバーと、柄が付属。
柄は凸部を腰部のホールに差し込むことで装備できる。



前述した股関節のヒンジのおかげで、大胆なポージングが可能。



素立ちでも何気に様になる。
最初、サンプルを見た時にはあまり良い印象は受けなかったが、実物は十分にカッコいい。



エンドアで帝国軍に投降した際に嵌められた手錠も付属しているので、皇帝の前に連行されるシーンも再現可能。

これだけデキがいいのだから、是非リデコでも構わないので、映画の冒頭に登場した完全衣装のジェダイ・ルークをフィギュア化して欲しいものである。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
最近では入手するのも大変ですね
あゆむ 2017/03/08(Wed)22:21:45 編集
Re:無題
あゆむさん、こんばんは。

確かに、後から欲しいと思っても入手困難だったりしますよね。
やたらプレ値がついていて手が出なかったり。
アメトイは欲しいと思ったときに買うのが鉄則ですが、先立つものがないとそうもいきません。
それでもやっぱり後になって必ず「あの時買って置けば」と後悔するのは、アメトイコレクターあるある、なのではないでしょうか。

個人的は、ジェダイ・ルークはコレが一番のお気に入りです。

http://ban.blog.shinobi.jp/-star%20wars/-b-12.03.02--b-%20star%20wars%20basic%20figure%20-%20the%20vintage%20collection%20-%20luke%20skywalker%20-lightsaber%20construction-
【2017/03/08 22:43】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]