忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316

Amazon
スター・ウォーズダース・ヴェイダー光と影 (LUCAS BOOKS)

さしたる予告もなしに、いきなり発売されたスター・ウォーズ『ダース・ヴェイダー 光と影』。アメリカ本国では映画1作目公開30周年を記念して昨年発売されたらしい。
1500円超という値段からしてハードカヴァーかと思ったら、やや厚めのソフトカヴァーという体裁、しかも今までノベル部門には参入していなかったエフエックス社による出版物であったため、書店で本を見つけるまでにエライ苦労をしてしまった。

内容は、映画EP1からEP6までのストーリーのアウトラインをヴェイダー(=アナキン)の視点から描いたもの。
ストーリーはEPⅥのあたりから始まり、過去の回想形式で綴られる。
当然、ヴェイダーのいないところで起きている事については、割愛されているか、もしくは伝聞という形で補完され、話の流れに齟齬が生じないように配慮されている。
ただし、これを小説と呼んで良いものかどうか甚だ疑問であり、ページ数の制約もあってかストーリーのぶつ切り感は否めず、他の小説作品と異なり一個の独立したエンターティメントとして楽しむことはできない。
映画のプロットを、視点を変えて語っているだけであるといえるため、むしろ本編では語られなかったエピソードを集めた物語として読む方が適当だろう。
自分のように、SWサガに関してある程度の知識はあるが、色々な関連資料に全て目を通すほどディープではない、といった位のファンにとっては、この本で初めて目にするエピソードもあり、映画やノベライズでは語られなかった設定を知る上での資料的価値は高い。
例えばC-3POの名前の由来や、ヴェイダーとなったアナキンとの再会(!)。ルークの養親であるラーズ夫妻の死に纏わるアナキンとの因縁(!!)。そして、映画では触れられることのなかった「ヴェイダーがルークを自分の息子だと気がついた瞬間」についても、映画や、ノベライズでさえもサラリと描かれているが、この本ではそれこそダイレクトに語られている点で、非常に興味深い。
多少、翻訳にヘンなところも見受けられるが、結構トリビア的な楽しみ方もできるので、個人的に値段に折り合いがつくなら購入して損はないかもしれない。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 18 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
(07/17)
忍者ブログ [PR]