忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318


予告通り!

本日は昨日に引き続き、SWBF、「エボリューションズ」シリーズ、フェット・レガシーから、映画EPⅡ“クローンの攻撃”に登場したジャンゴ・フェットを紹介しようかい。(オヤジッ!)

ジャンゴはマンダロリアン人の賞金稼ぎで、クローン・トルーパーのオリジナルとなった人物。映画EPⅣ~Ⅵに登場したボバ・フェットは、このジャンゴの息子にして、遺伝子に一切手を加えていない純正クローンなのだ。



ジャンゴ・フェットの正面。
腹部はボール・ジョイントになっているため、左右の回転は勿論、上体を逸らせたり前かがみにできる。(画像で上体が傾いでいるのはそのせい。)
凹みひとつ、傷ひとつない輝かしいマンダロリアン・アーマーに二丁ブラスター。

まさにジャンゴ。

今まで数々のジャンゴがリリースされてきたが、フルポーザブルは今回が初めて。
この“エボリューションズ”シリーズはハズブロ社のセットものにしては珍しく、全て新造型、しかもクオリティの高いフィギュアが多い優良商品なのだが、この違いが一体どこから生じるのか不思議である。
まさにハズフロマジック!



左側面画像。



右側面画像。



背面画像。ジェットパックのカラーは綺麗に塗り分けられており、当然脱着可能。
全体的にボバに比べて小奇麗でシンプルな印象を受ける分、やや物足りなさを感じるのも事実。(管理人はボバ派なのだ。)



ヘルメットを外したジャンゴ。

なんとクローンそっくり!

…あたりま(以下略



愛機スレイブ-1を操縦する時のパイロットバージョンも再現。
ヘッドギアは軟素材で着脱可能。
せっかくのフルポーザブルなのに、ポージングが皆同じなのは、管理人の想像力が欠如しているため。



画像はオビ=ワン(プチカスタム)と。
EPⅡの主要キャラクターで、唯一満足できるフィギュアがなかっただけに、こうして手に入れることができて非常に嬉しい一体。
ジャンゴのベーシック・フィギュアとしては当然過去最高のデキだし、このフェット・レガシーの中でも客観的に見て一番のアタリではないかと思う。
ただ、難を言えばアクセサリーの豊富さでも評判の高いこのシリーズの中では、付属品の数が少ないのはちょっと寂しい。
6月には日本版も販売されるので焦って購入する必要はないだろうが、高いゼニ出して買っても、決して損のないセットである。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
3
5 9
17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(11/24)
(11/19)
無題(返信済)
(11/18)
(11/18)
無題(返信済)
(11/18)
忍者ブログ [PR]