忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480]  [479


今年も早、師走。相も変わらずフィギュア収集に明け暮れた一年であったが、昨年同様、また来年も恐らく同じような年末を迎えそうな気がする。
全く進歩しない人間、その名は管理人“ばん”。

さて、本日は、先日発売されたSWBF、ザ・レガシー・コレクションからボバ・フェット。
SWキャラクターの中ではダース・ヴェイダーに次ぐ人気キャラのひとり。
映画EPⅡ“アタック・オブ・クローン”ではその謎に包まれた出自が遂に判明し、実はジャンゴ・フェットの純正クローンであるということが分かった。



フィギュアは以前エボリューション・シリーズのフェット・レガシー・セットに含まれていたボバのリペイント。



アーマーの配色はEPⅤ“帝国の逆襲”版。



EPⅤとEPⅥのボバの違いを見分けるうえで、一番わかりやすいのは前腕と、背中のジェット・パックの色の違いだろう。



ちなみに、EPⅣ“新たなる希望”特別版に登場したボバはEPⅥと同じ配色になっている模様。



左が今回購入したTLC版、右がエボ版。
アーマーの緑色部分が濃くなっており、より劇中のイメージに近くなっている。また、右胸にマーキングが追加されている。



素顔の傷跡も変更。生々しいペイントはオミットされているが、素顔を見た者がいないので、どちらが正しいのかは今のところ誰もわからないはず。
そう言えば、ボバが常にヘルメットを脱がない理由として「過去の戦いで顔に酷いキズを負ったため」という説があったような。
ということは、このフィギュアもその設定に準拠しているのだろうか。
管理人はてっきり、Dr.エヴァザンのような顔を想像していた。



ボバの好敵手といえば、やっぱりハン。
その昔、“クローン戦争”という言葉に端を発し、ファンの間で色々な憶測が飛び交い、その中のひとつにボバはソロのクローンであるという説が流れていたらしい。



可動部は標準的なフルポーザブルタイプ。以前のフィギュア同様、ポージングの自由度が高いが、背中のジェット・パックの重みで安定が悪いのが欠点。



ジェット・パックがポロポロとれるので、ストレス溜まりまくりな所は以前のフィギュアと同じ(笑)



カッコよくポーズをつけて飾りたいなら、やはりスタンドは必須か。



ハズブロのことだから近い将来、同じ素体で配色だけ替えたEPⅥ版とか出すのだろうか?

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ばんさんお久しぶりです。
最近ヴィンテージコレクションのボバをゲットできたんですが違いはあるんですかね?
Ayumu 2017/12/02(Sat)13:56:59 編集
Re:無題
Ayumuさん、お久です。

ヴィンテージ版はEPⅥのカラーリングですかね?
エボリューション版との違いは主にカラーリングとヘルメットの着脱の可否ですね。
【2017/12/02 16:34】
無題
語弊がありました
レガシーとヴィンテージコレクションの他にヘルメットが取れるシリーズってありますか?
Ayumu 2017/12/02(Sat)19:57:29 編集
Re:無題

聞いたことないですねー。
大抵はヴィンテージかレボ版のリペかリパックだと思います。
【2017/12/02 21:10】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]