忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422


仕事が忙しくないとネタがなく、ネタがある時は仕事が忙しい。
人生ままならぬものである。
…と、冒頭からいきなり、ブログ更新停滞の言い訳から始まるが、

darkさんのブログ、『comegetsome!』と相互リンク貼らせていただきました。

ブログのタイトルからしてわかる通り、darkさんは、ちゃきちゃきのブルース・キャンベルのファンだそうです。Groovy!

さて、本日は久しぶりに休みだったので、先ごろ発売されたSWBF、ザ・レガシー・コレクションより、ジャワ&WEDトレッドウェル・ドロイドを紹介。



WEDトレッドウェルドロイドは、サイボット・ギャラクティカ社製の安価な大量生産型メンテナンス・ドロイドで、その汎用性が高さゆえに銀河系の至るところで使用されている。特にタトゥイーンなどのアウター・リムの惑星では、入手し易いことからも高い人気を誇っている。 メンテナンス・ドロイド(修理ドロイド)とは、単純な洗浄、修理、一般的な整備作業等を行うドロイドの総称である。
ごく一般的なユーティリティ・ドロイドであるWEDトレッドウェル型は、基部が平たく潰れているため、重心が低く安定しているのが特徴で、コミュニケーション能力は乏しく、さえずるような2進言語しか話すことができない。基部には通常6本の操作アームを支えるソケットが付いており、8個以上のソケットを持つ機種も存在する。サイボット・ギャラクティカ社では様々な作業に応じて交換できるアームをオプションとして販売しており、これらを併せて購入することを推奨している。
ちなみに、今回フィギュア化されたのはWED-15セプトイド・トレッドウェルという型番で、エリアドゥに生息する昆虫であるセプトイドに似せて造られたことからこの名称がつけられた。
セプトイドシリーズは、多数の4-DOFロボティック・アームをクモの足のように生やしており、多方向フォトリセプターを装備している。(一部スターウォーズの鉄人から参照。)
劇中では、ラーズ農場でR2やC-3POと一緒に売りに出されるドロイドの一体として登場している。




ジャワのフィギュア。素体は30周年記念シリーズでリン・ドロイドとセットで発売されたものと同じだが、リペイントされており、装備も異なる。今回はアクセサリーとしてイオン・ブラスターとドロイド・コーラー(ドロイド呼出機)が付属。



イオン・ブラスターは左腰の制御装置からコードが延びて、右腰のホルスターに納まるようになっている。



両手持ちにすることも可能。




セットのメインは当然、WEDトレッドウェル・ドロイド。
8本のアームは全て付根と中間の部分が可動する仕様。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]