忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326


本日は米ネカ社のグラインドハウス・アクションフィギュア・シリーズから、ロドリゲス監督作品の「プラネット・テラー」に登場した“片脚マシンガン”チェリー・ダーリン。

“グラインドハウス”とは6、70年代のアメリカでB級映画を2、3本立てで上映していた映画館のこと。今をときめくタランティーノとロドリゲス両監督により、当時そうした映画館で上映されていた数々の低予算映画に対して捧げるオマージュとして制作したのが、「PLANET TERROR」と「DEATH PROOF」の2作品で、全米公開時にはズバリ「グラインドハウス」と銘打たれて同時上映された。(週間興行成績は全米史上4位だとか。)

さて、ロドリゲスが監督する「プラネットテラー」はテキサスの田舎町が舞台。ある夜、JT(ジェフ・フェイヒー)のバーベキュー・レストランでゴーゴーダンサーのチェリー・ダーリン(ローズ・マッゴーワン)は、元恋人であり解体屋を名乗る謎の男レイ(フレディ・ロドリゲス)と再会する。
ちょうどその頃、町に近い米軍基地で部隊長マルドゥーン(ブルース・ウィリス)は生物兵器DC2を巡って科学者アビー(ナヴィーン・アンドリュース)を追い詰める。アビーは拳銃でDC2ガスの詰まったタンクを撃ち、混乱に乗じて逃げてしまう。そして、町にガスが流れ、ガスの毒に感染した人間が次々とゾンビ化して人々を襲い始めるのだった…。

映画のネタバレになるので詳細は省くが、フィギュアは見ての通り強烈なインパクト。プロポーション重視のため、可動部はほとんどオミットされているのだが、顔もよく似ているし(メリケン美人)、ポスターから抜け出たかのように映画の雰囲気は抜群に出ている。
バリアントとして両足が揃っている状態でパッケージングされている物もあるが、やはり“片脚マシンガン”の方がイカス(死語)。
ところで、マシンガンにはちゃんとトリガーはあるのだが、映画の中でどうやって引き金を引いていたのかは不明。他にも“ムダな才能”に溢れた彼女の活躍が見たければ、是非映画をご覧いただきたい。ただし、途中(しかもいいところ)でフィルムが欠落しているのが非常に業腹なのだ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 10
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(08/19)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
忍者ブログ [PR]