忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272

Amazon
Conan: The Frost-Giant's Daughter And Other Stories (Conan (Graphic Novels))

本日から10月というワケで、気分も一新、新たな記事を掲載したい。
…って言っても大した内容ではないので、期待しないように。
最近、翻訳モノにあきたらず、アメコミの原書にも手を出すようになってしまい、末期症状。
管理人のコナン好きは過去の記事の中で何度か言及しているが、昨年が原作者であるハワードの生誕100年とはついぞ知らなかった大ボケぶり。
しかし米マーベルトイズ社のレジェンダリー・コミック・ブック・ヒーローズでコナンがフィギュア化されたので、ここに来てコナン熱が再燃。
これを機会に米ダーク・ホース社で2003年から開始されたコナン・シリーズのTPB(単行本)を購入してみた。
アメコミの場合、1話ごとの冊子(リーフ)は書店で扱っていないが、単行本形式(TPB)になると扱ってくれるので比較的手に入れやすいし、流通も安定しているので買い逃す心配もないようだ。

さて、第1巻目のTPBは、ハワード原作の同名短編からタイトルが採られてる。
邦訳版の小説では「氷神の娘」と題されていた作品で、敵の待ち伏せを受けて、ただ一人生き残ったコナンの前に、人里離れた雪原には場違いと思えるような裸の美女が現れ、彼を誘(いざな)う。導かれるままコナンは氷神が住まうと言われる山に向かって狂ったように女を追い駆けるが、そこには気まぐれで残酷な神々の罠が待ち受けていた…。

コミック版のタイトルではその後に“…と、その他の物話”と続くので、短編集かと思ったら、全体としてひとつのオリジナルストーリーで、その中でエピソードのひとつとして、ハワードの原作が挿入されている、といった感じ。逆に、ハワードの原作にインスパイアされて全体のストーリーができあがっている、ともとれる。
コミック版の舞台は小説と同じ、コナンの生まれたキンメリアの北に位置するアスガルド。
15歳(!)のコナンが、西方人であった祖父から繰り返し聞かされた、夢の楽園、伝説の国ハイパーボリアをひと目見んと、ひとり旅を続ける途中で、偶然、略奪を受けている村の近くを通りかかり、ひとりの女性を助けることになる。



コナンは逃亡する略奪者と入れ違いで帰還した村のリーダー、ニオルドに請われるまま、ハイパーボリア探索の手助けを交換条件に、略奪者追跡に随行する。
コナンの優れた追跡能力により、一行はついに略奪者達を追い詰めるが、略奪者のリーダーは自分の命と引き換えに仲間達を助けるように懇願する。そこに突然謎の伏兵が現れ、コナン達に襲い掛かる。
そして、仲間の裏切りにより捕らえられたコナン達が連れて行かれた場所こそ、伝説のハイパーボリアだった。しかし、そこは祖父の話とは全く異なる悪夢のような国であり、楽園伝説はコナンのような旅人をおびき寄せるために流された巧妙な罠であったと知る事になる。

このストーリーの中で、略奪者追跡の途中、ニオルド一行とはぐれたコナンが出くわすのが、「氷神の娘」事件というわけである。
時代設定など原作とは異なるが、全ページ美しいフルカラーで、小説とはまた違ったコナンの活躍が楽しめる作品だ。

現行シリーズは50回で一応の完結を見るようで、現在本編は4巻までTPBが刊行されており、分量から推測すると、あと2巻ほど出るようだ。また、来年からはスタッフを替えて新シリーズが始まるらしい。
他にも、同社からミニシリーズ(外伝?)として違うスタッフによる作品のTPBも刊行されているので、機会があれば(つまり購入したら)紹介したいと考えている。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 10
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(08/19)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
忍者ブログ [PR]