忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[1033]  [1032]  [1031]  [1030]  [1029]  [1028]  [1027]  [1026]  [1025]  [1024]  [1023


そんなワケで本日は、米ハズブロ社、SWBF、ザ・スター・ウォーズ・サガ 2002 シリーズから、オビ=ワン・ケノービ(アクレイ・バトル)をご紹介。



拙ブログの常連コメンターにして、最近全然ブログを更新しないうえに、よそ様のブログでさんざっぱら管理人のことをディスってばかりいるけいたさんによると、「スター・ウォーズのEPⅠからEPⅢはいらない」とのこと。

まさに、“神をも恐れぬ発言”。



そんなけいたさんのことはさておき、いつもの如く、この通称ブルーカードシリーズのフィギュア本体のデキは……

もしかして、いらないのは映画じゃなくてフィギュアじゃね?



このオビ=ワンのフィギュアには、右腕が上下に振られる余計なギミックが仕込まれている。



左腰のポーチがトリガーになっており、ちょっと動画でお見せするのが憚られるような右手の動きをするのである。(マジ)



ちなみに、左掌には磁石が仕込まれており、



ジオノーシアンの槍を持たせる事ができる。



槍はやけに持ち重りがするなと思ったら、この磁石ギミックのために柄の部分が一部鉄になっており、



そんなくだらねぇギミック仕込むコストあるなら、値段下げるか、フィギュアの精度上げろよと言いたくなるくらい。(暴言)



さて、色々と書いてきたが、このシリーズの唯一の救いはやはり、豊富なアクセサリー。



以前紹介した同シリーズのパドメにも付属しているジオノーシスの闘技場の円柱と手かせ。



鎖を使用すれば、囚われの身のオビ=ワンも再現可能。



ヤロウの緊縛姿なぞ見たくもないという紳士には、他のキャラへの流用ももちろん可能。



円柱はパドメ版に付属していたものと同じだが、ウェザリングはオミット。



壊れた状態も再現。



前回紹介した、コルサントチェイス版と。



同じく、フルポーザブルのレガシー版と。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
やめなさい(´゚ω゚`)
けいた 2017/02/12(Sun)11:57:45 編集
Re:無題

断るっ!(。-`ω-)
【2017/02/12 12:10】
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 4 5 6 8
9 10 11 12 14
17 18 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(04/23)
無題(返信済)
(04/23)
無題(返信済)
(04/23)
無題(返信済)
(04/23)
無題(返信済)
(04/23)
忍者ブログ [PR]