忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[845]  [844]  [843]  [842]  [841]  [840]  [839]  [838]  [837]  [836]  [835


本日は、日本では4月公開予定の映画『キャプテン・アメリカ ザ・ウィンターソルジャー』の3.75インチ フィギュアシリーズから、スーパーソルジャーギア版のキャップを紹介。



このスーパーソルジャーギアは、原作コミックでは“デス・オブ・キャプテンアメリカ”で暗殺されたと思われていたキャップが復活後に着用したスーツが元になっているようだ。
その時には既にバッキーが二代目キャップとして活躍していたため、本人は本名のスティーブ・ロジャースを名乗り、素顔で活動している。しかもキャップ時代には使わなかった銃器とかもバンバン使用してたし。



映画ではこのコスチュームにマスクも着用しているのだが、特に素顔を隠すつもりもないようで、何かとマスクを外して活躍する機会も多いようだ。
第二次世界大戦末期に既に一度死んだことにされているので、今更素性がバレても何ら問題がないということなのだろうか。



さて、キャップについては以前も当ブログでさんざっぱら書いているし、映画もまだ未公開なので、ここはちゃっちゃとフィギュアの解説に移らせていただく。



今回、シリーズの素体は、基本的にアベンジャーズ版に同じ。
つまり、プロポーション重視で可動については二の次となっている。



ただ、このフィギュアに関して言えば、残念ながらプロポーション、造形は今ひとつ。



カラーリング及びペイントは比較的地味な色合いになっているので、好みの分かれるところかもしれない。



可動に関しては前述のとおりかなりオミットされており、首、両肩、両肘、両股関節、両膝のみで、やや物足りない感じ。



アクセサリーとして、フィギュアオリジナルの武器とビブラニウムのシールドが付属。
シールドのカラーリングはコスチュームに合わせ、ブルーとシルバーになっている。















コスチュームの元ネタとなったであろう、マーベル・ユニバース版、スティーブ・ロジャースと。
同じ人物とは思えない身長差。

既にマーベル・レジェンド版では同コスチュームのマスク版(というかコンパチ)もリリースされる予定なので、もしかしたらこちらの3.75インチ版でも出るかもしれない。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ハズブロさんは3.75と6インチどっちもに力いれるってことはしないんですねwwww
なんだかすごい体系です

スパイダーマンの3.75も残念なデキなのがツライですね..........
カメレオン URL 2014/01/20(Mon)17:12:05 編集
Re:無題
カメレオンさん、こんにちは。

>ハズブロさんは3.75と6インチどっちもに力いれるってことはしないんですねwwww

映画版フィギュアって、クオリティ低いことが多いですよね。
公開に間に合わせるためでしょうか?

>なんだかすごい体型です

単体ならまだしも、マーベルユニバース版と比較すると一目瞭然ですよね。

>スパイダーマンの3.75も残念なデキなのがツライですね..........

ビートル3.75インチで出してくれると嬉しいんですけど。
結構原型とか流用してますからね…。
【2014/01/21 00:12】
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
3
5 9
17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(11/19)
無題(返信済)
(11/18)
(11/18)
無題(返信済)
(11/18)
無題(返信済)
(11/17)
忍者ブログ [PR]