忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[844]  [843]  [842]  [841]  [840]  [839]  [838]  [837]  [836]  [835]  [834


本日は、米ハズブロ社、マーベル・ユニバース ジャイアントX-MEN 35周年記念6体セットからネイティヴ・アメリカンの戦士、サンダーバードを紹介。



サンダーバードの本名は、ジョン・プラウドスター(John Proudstar)。
ジョンはアリゾナ州のキャンプ・ベルデにあるアパッチ族保護区に生まれた。
幼少期から青年期にかけての彼は非常にタフなアスリートとしての才能を発揮したが、彼自身は自分のことを周囲から拒絶され、孤立しているとみなしていた。



ジョンは祖先が伝統ある戦士であることを誇りに思い、自分がそれを証明することを望んでいたが、同族の仲間達が自己満足の生活に浸っていることに対して不満を抱いていた。



彼は、よりアグレッシブな生活を求め、年齢を偽って海兵隊に入隊した。
海兵隊で彼は伍長となり、数々の勲章を獲得している。
軍隊での任期が終わった後、彼は故郷に戻っていたが、自分の人生に対しての不満が解消されることはなかった。



ジョンが初めて自分の超人的なミュータント・パワーに気がついたのは20歳の時で、野牛に襲われた少女を助けるために、素手で野牛に組み付き、投げ飛ばしている。
この功績は、部族の間での彼に名声をもたらしはしたが、その能力の持つ本当の意味については、彼をスカウトに訪れたチャールズ・エグゼビア教授によって解明されるまで不明のままであった



ジョンは、エグゼビア教授によって発明されたセレブロによって見出され、第二期のX-MENに加入。サンダーバードと名乗るようになる。



正式にメンバーに加わったサンダーバードとX-MENの最初の任務はコロラドのロッキー山脈にある北アメリカ防空司令部で犯罪王チルノ・ネファリア伯爵による国際的な犯罪計画の一部を阻止することであった。



X-MENが伯爵の計画を阻止した後、ネファリアは小型飛行機で脱出しようとしたが、サンダーバードは離陸前の飛行機の機体に飛び乗った。



エグゼビア教授はテレパシーで飛行機から降りるよう警告したが、サンダーバードは、最後まで自分が真のアパッチ戦士であることを証明することに拘わり、 超人的なパワーで、飛行機の開口部を破壊、内部システムに混乱を生じさせたが、 最終的に彼は飛行機もろとも爆発。死ぬまで猛烈に飛行機を素手で殴り続けた。なお、その際、当のネファリアはテレポート装置で逃げ延びている。



そんなわけで、サンダーバードはX-MENに加入したものの、すぐに死亡して離脱している。
ちなみにサンダーバードには彼よりも優れた能力を持つ弟がいて、弟はそのことを恨んでエグゼビア教授を付け狙っていたが、後に改心して二代目サンダーバードとなり、しばらくしてウォーパスと改名した。



サンダーバードの能力はその超人的なパワーで、最大2トンほどの重量を持ち上げることが可能。
また、耐久力や持久力も優れており、通常の人間の約3倍の能力を持つ。



さて、フィギュアに関しては、マーベルユニバースの標準的な大型素体をベースとして使用。



プロポーション及び造型はまずまず。いかにもネイティヴ・アメリカン風のコスチューム。



カラーリング及びペイントに関しても問題なし。
胸と背にはコードネームの由来となったサンダーバード(伝説の霊鳥)がプリント。



可動も標準的な素体なので特筆すべき点はない。おかっぱのヘアスタイルのせいか首の可動はイマイチ。



サイクロプスと比較。なぜかジム・リー版。
なんでも、現在のところ、このサンダーバードのフィギュアが入手できるのは、このセットのみだとか。

最初は特に欲しいとは思わなかったのだが、後はハズブロがバンシーさえリリースしてくれれば、一応二期の当初のメンツは全員揃うことになる。

…出たら買っちゃうんだろうな、きっと。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(09/23)
無題(返信済)
(09/23)
無題(返信済)
(09/23)
無題(返信済)
(09/23)
無題(返信済)
(09/23)
忍者ブログ [PR]