忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[849]  [848]  [847]  [846]  [845]  [844]  [843]  [842]  [841]  [840]  [839


映画“マイティ・ソー ザ・ダーク・ワールド”公開に先駆けて、本日より暫時3.75インチ版フィギュアを紹介。
そんなワケで本日は、主人公、ソー(バトル・ハンマー)から。



ソーは、北欧神話に登場する戦い農耕を司る雷神をモチーフとしたマーベル・コミックのヒーローのひとりで、キャプテン・アメリカ、アイアンマンと並ぶ、ビッグスリーのひとり。
いつもの如く、細かな説明は割愛させていただき、さっそくフィギュアの紹介。



デフォでは儀典用のロイヤルブルーのケープを着用した状態。



このままではほとんどポーズが固定なのだが、一旦、首を引っこ抜くことでケープを脱がすことが可能。



なぜか、ミョルニール(戦鎚)は左手に持っており、カッターか何かで親指と四指の間に切れ目を入れないと離す事ができない仕様になっている。



ケープを脱がすとこんな。



コスチュームは、映画1作目とも、アベンジャーズ版とも異なったデザイン。



非戦闘モードなので、腕の剥き出しの筋肉が堪能できる。



髪も長くなっており、頭の後ろで結わえている。



プロポーション及び造型は良好。
顔もソーを演じるクリス・ヘムズワースに良く似ている。



カラーリング及びペイントも問題なし。
黒を基調としており、それほど複雑な配色でもなく、頭部以外の肌の色は成型色となっている。



可動に関してはこのシリーズのオリジナルの素体になっており、一般的なマーベル・ユニバース・シリーズと比較すると、胴の可動部がない代わりに足首にロール軸が設けてある。



アクセサリーは、ミョルニール(戦鎚)と、ケープのみ。
珍しく、フィギュアオリジナルのわけのわからない武器は付属していない硬派な造り。

















映画第1作目公開時にリリースされたフィギュアに比べると、かなり大柄な造りになっている。



アベンジャーズ版とほぼ同じ大きさだが、可動部も増え、プロポーションも改善されている。



キャプテン・アメリカと比較するとだいたいイメージとおりの大きさか。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]